ミック・エイブラハムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミック・エイブラハムズ(Mick Abrahams, 1943年4月7日 - )は、イングランドギタリスト。ロックバンド、ジェスロ・タルの初代ギタリストとして知られる。

ベッドフォードシャールートンで生まれた[1]。1965年にThe Toggery Fiveというバンドに加入し、後にジェスロ・タルのメンバーとなるクライヴ・バンカーと出会う[1]。1967年にはバンカーと共にMcGregory's Engineに加入し、ここでイアン・アンダーソンやグレン・コーニックと出会ってジェスロ・タル結成に至った[1]

ファーストアルバム『日曜日の印象』(1968年)制作後、音楽の方向性の違いでジェスロ・タルを脱退。その後、よりブルースジャズ色を強めた自身のバンド、ブロドウィン・ピッグを結成する。

1971年、ブルースおよびブルースロック色の強い初のソロ・アルバム『Mick Abrahams』を発表[2]。1988年にはブロドウィン・ピッグを再結成している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Mick Abrahams : AllMusic - Biography by Bruce Eder
  2. ^ Mick Abrahams - Mick Abrahams : AllMusic - Review by Bruce Eder

外部リンク[編集]