ミゲル・アコスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲル・アコスタ
基本情報
本名 ミゲル・アコスタ
通称 Aguacerito(突然の嵐)
階級 ライト級
身長 174cm
リーチ 178cm
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
誕生日 1978年4月20日(35歳)
出身地 ミランダ州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 29
KO勝ち 22
敗け 7
引き分け 2
テンプレートを表示

ミゲル・アコスタMiguel Acosta、男性、1978年4月20日 - )は、ベネズエラプロボクサーミランダ州出身。
第76代WBA世界ライト級王者。

ニックネームは「Aguacerito」(アグアセリート、突然の嵐)。

来歴[編集]

1999年11月2日、ベネズエラでプロデビューし、判定ドローとなった。

2002年3月18日、10戦目でベネズエラライト級王座を獲得した。

2007年10月13日、WBA世界スーパーフェザー級王座挑戦者決定戦でエンジェス・アジャホと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

2009年7月25日、WBA世界ライト級暫定王座決定戦でウルバノ・アンティロンと対戦し、9回KO勝ちで暫定王座を獲得した[1]。アンティロンはキャリア27戦目にして初黒星となった。

2010年5月29日、正規王者パウルス・モーゼスと王座統一戦で対戦し、6回KO勝ちを収めて王座統一に成功し正規王者に昇格した[2]

2011年2月26日、2度目の防衛戦でWBA世界ライト級1位の指名挑戦者ブランドン・リオスラスベガスパームスで対戦し、序盤こそは互角の試合を展開したものの、6回・8回・10回と各1度ずつ合計3度のダウンを奪われた末に失神したところをセコンドがタオルの入れて試合をストップ。10回TKO負けを喫し、王座から陥落した[3]

再起を果たして迎えた2011年10月22日、パナマシティアレナ・ロベルト・デュランで行われたWBA世界ライト級暫定王座決定戦で、リカルド・アブリルと対決したが、4回に2度ダウンを奪われあわやストップ寸前にまで追い詰められたの同時に10回に決定的なダウンを奪われるも判定は僅差と大差に割れ0-3(112-113、111-117、111-115)の判定負けを喫し王者返り咲きはならなかった。

2012年7月20日、カリフォルニア州サンタバーバラ郡サンタイネスのチュマッシュ・カジノにて、17戦無敗のアート・ホブハニスヤン(アルメニア)と対戦し初回にダウンを奪われるも、5回にダウンを奪い返す応酬になるも判定も割れ1-2の僅差判定(96-92、93-95、93-95)負けを喫し、ライト級ランカーから陥落した。

2013年5月2日、ミゲル・ゴンサレスと対戦。2回にダウンを奪って先制するも5回にダウンを返されてその後はゴンサレスがペースを握った。8回に偶然のバッティングでゴンサレスの左の眼の上をカット。その後は負傷部分を打って逆転負傷TKOを狙っていたがそのまま判定になり0-3(92-96、93-95、91-97)の判定負け。3連敗となりランカー復帰が遠のいた。

獲得タイトル[編集]

  • WBA世界ライト級暫定王座(防衛1)
  • 第76代WBA世界ライト級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ アンティロンKO負け WBA暫定ライト級アコスタ王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月27日
  2. ^ 小堀、嶋田に勝ったモーゼス王座陥落 WBA世界ライト級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月31日
  3. ^ リオス劇的ベルト奪取 WBAライト級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ウルバノ・アンティロン
WBA世界ライト級暫定王者

2009年7月25日 - 2010年5月29日

次暫定王者
王座統一により消滅
前王者
パウルス・モーゼス
第76代WBA世界ライト級王者

2010年5月29日 - 2011年2月26日

次王者
ブランドン・リオス