マーノ・ネーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラック・ハンド(Black Hand)、またはイタリア語でマーノネーラ(La Mano Nera)とは単一の組織の名称では無く、複数のギャング組織が行っていた犯罪行為の総称である。主にイタリア系の犯罪組織、カモッラマフィアによって行われ、その主な犯行手段は脅迫行為であり、相手に金銭を強請る際に黒い手形のマークが押印された手紙を送りつけていたことから「ブラック・ハンド」という名称で呼ばれた。日本の文献では「黒手組」と記載されている場合もある。

概要[編集]

ブラックハンドのルーツは、シチリア島に、そして1750年代のナポリ王国時代まで遡ることができる。しかし、通常この組織的犯罪は、1880年代からのイタリア南部からアメリカへ移民達の中に誕生した組織のことを指す。少数の移民たちにより、いくつかの犯罪組織が作られ、そして彼らはお互いに共存しあっていた。1900年までに、ブラックハンドの活動は、ニューヨークニューオーリンズシカゴ、そしてサンフランシスコのイタリア系移民社会の中に広まっていった。彼らの対象は主にアメリカで成功した移民達であったが、おそらく当時のイタリア系移民のうち90%は彼らによって生活を脅かされていた。

ブラックハンドの典型的な犯行手口は、狙った相手に対し、殺人、誘拐、放火または身体に傷害を加えることをほのめかす手紙を送りつけることであった。手紙には指定された金額を指定された場所に届けるようにと書かれていた。また、手紙には脅迫状のシンボルマークとして、煙を出している銃あるいは縛り首に使われた縄の輪そして黒インクで手形のマークが押されていた。そのマークからアメリカの新聞社によって彼らマーノ・ネーラはブラックハンド・ソサエティと名付けられた。ギャング達は、目をつけた相手が金の支払いに応じない場合は更なる脅しをおこなった。 ニューヨークリトル・イタリーのシチリア人ギャング、サイエッタことイニャツィオ・ルーポIgnazio Lupo)は、イースト・ハーレム近くにあった「殺人厩舎」と呼ばれていた場所で、要求に応じない人を絞め殺した上、遺体を焼いて処分していたことで悪名を馳せ、少なくとも60人以上を殺害した。

脅迫状を送りつけられた者の中に、当時、テノール歌手として人気を博していたエンリコ・カルーソーも含まれていた。ブラックハンドの手紙には件の黒い手形のマークと2000ドルを支払うことを要求する内容が書かれていた。カルーソーは要求に屈し、要求された金額を支払ったが、再び脅迫状が届き、それには15000ドル支払うようにと書かれていた。このままでは永遠に金を要求されることになると考えた彼は警察(ペトロジーノたち)にこのことを通報し、そして、届けるように指定された場所へ金を置き、警官らと共に相手が来るのを待ち構えた。そして、現れた2人のイタリア系アメリカ人のビジネスマンは逮捕された。その後、オペラ公演の時にはジョゼッペ・ペトロジーノ自ら護衛に当たったこともあったという。

また、ブラックハンド達はギャングにも同様の手口で脅迫状を送り、そのまま抗争になる場合もあった。また彼らは被害者が法律の執行により身を守ろうとする場合は、暗殺という従来のギャングとしてのやり方で答えた。ブラックハンドの犠牲者となった者の中にはニューオーリンズの警察署長だったデヴィッド・ヘネシーやニューヨーク市警のジョゼッペ・ペトロジーノも含まれていた。また、彼らは法廷においてさえ、潜在的証人となり得る可能性のある者を脅迫していた。

1910年にルーポは逮捕されて懲役30年の判決を受け、10年後に釈放されたものの組織犯罪シンジケートにより引退に追い込まれた。その後1920年代にはアメリカにおいて禁酒法が施行され、ギャング達が密造酒で莫大な富を得るようになった。それに伴い、犯罪行為としてのブラックハンドは姿を消し、彼らは地下へ潜って本格的なマフィアへと移行することとなる。