マーク=アンソニー・タネジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーク=アンソニー・タネジMark-Anthony Turnage, 1960年1月10日 エセックス州コリンガム - )はイギリス現代音楽作曲家日本では、名については、マーク=アントニーとも、またについては、ターネイジターネジターニッジなどとも表記される。マイルス・デイヴィスに傾倒してモダンジャズに強く影響されていることで有名。同世代のイギリスのヴァイオリニストナイジェル・ケネディと同じく、EMIの販売戦略によって、往年の「怒れる若者」世代を意識したパンク・ファッションでマスコミに登場させられ、脚光を浴びた。サイモン・ラトルの寵児として、管弦楽曲「3人の叫ぶ教皇 Three Screaming Popes 」(1989年完成、フランシス・ベーコンの同名の絵画に基づく)によって国際的に成功を収める。

タネジの作品はしばしば特徴的な個人様式で作曲されており、力強いリズム推進力や、ジャズ和声法、旋律的要素の明快な存在、色彩的な管弦楽法とさまざまな打楽器(調律の合わないものも使われる)の活用が特徴的である。また、デューク・エリントンの作品から、1970年代のテレビドラマの探偵もののテーマ音楽まで、さまざまな音楽が暗示されている。「本物のモダン・ジャズ」を作曲することのできる数少ないクラシック作曲家として知られる。

数々の管弦楽曲室内楽曲のほか、3作の歌劇がある。1作目は、1988年に初演された「グリーク Greek 」で、これはスティーヴン・バーコフによるオイディプス王の現代版に基づいている(「グリーク」は、「ギリシャ風」という意味である)。2作目の「銀杯 The Silver Tassie 」(2000年初演)は、アイルランドの劇作家ショーン・オケーシーが原作である。3作目は、アメリカの高齢の石油王と結婚し、謎の死を遂げたストリッパーアンナ・ニコル・スミスの人生をもとにした「アンナ・ニコルAnna Nicole」で、2011年にロンドンロイヤル・オペラ・ハウスで上演された[1]。サクソフォン協奏曲「子守唄 Your Rockaby 」も名高い。

1990年バーミンガム市交響楽団の初代常勤作曲家に任命された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Anna Nicole Smith family may sue Royal Opera House as father of her daughter blasts 'sleazy' opera Daily Mail