マーク・ブローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーク・ブローグ(Mark Blaug, 1927年4月3日 - 2011年11月18日)は、イギリス経済学者

略歴[編集]

オランダハーグ生まれ。1955年ニューヨークコロンビア大学で博士号を取得した。

公的機関や国際機関での仕事に従事する一方、イェール大学ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)、バッキンガム大学で学者として活動した。

その後、オランダのアムステルダム大学ロッテルダムエラスムス・ロッテルダム大学で客員教授を務めていた。

業績[編集]

マーク・ブローグは、経済思想の分野で最も大きな貢献をした。芸術経済学教育経済学での価値ある貢献のほかに、ブローグは経済思想史と経済学方法論の分野での仕事によって最もよく知られている。方法論的な問題や教育や人的資本にいたる幅広い分野への経済理論の応用に関わりつつ、科学哲学や知的進歩の展望がブローグの関心の広さに見合った研究課題であった[1]

主要著作[編集]

  • Ricardian Economics. A Historical Study, 1958.
  • Economic Theory in Retrospect, first edition 1962, 5th revised edition 1997.
  • The Methodology of Economics, or How economists Explain, 1980 (revised edition, 2006).
  • Economic History and the History of Economics, 1986.
  • Economic Theories. True of False?, 1990.
  • Appraising Economic Theories: Studies in the Methodology of Research Programs (ed. with Neil de Marchi), 1991.
  • Not Only an Economist. Recent Essays, 1997.

栄誉[編集]

  • 1984年 - オランダ王立学術アカデミー外国人名誉会員
  • 1988年 - 経済学史学会特別フェロー
  • 1989年 - 英国アカデミー・フェロー

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Mark Blaug”. Erasmus Center for History in Management and Economics. 2007年2月28日閲覧。