マーク・クラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・クラウス
Marc Krauss
ロサンゼルス・エンゼルス
Marc Krauss June 2013.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州デシュラー
生年月日 1987年10月5日(27歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2009年 MLBドラフト2巡目(全体64位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名
初出場 2013年6月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーク・S・クラウス(Marc S. Krauss, 1987年10月5日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州デシュラー出身のプロ野球選手一塁手外野手)。右投左打。現在はMLBロサンゼルス・エンゼルスに所属している。

経歴[編集]

ダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2009年、MLBドラフト2巡目(全体64位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名され、6月15日に契約。A級サウスベンド・シルバーホークスで32試合に出場し、2本塁打17打点、打率.304だった。

2010年はA+級ビサリア・ローハイドで138試合に出場し、25本塁打87打点1盗塁、打率.302だった。

2011年はAA級モービル・ベイベアーズで125試合に出場し、16本塁打65打点3盗塁、打率.242だった。

2012年はAA級モービルで104試合に出場し、15本塁打61打点6盗塁、打率.283だった。

アストロズ時代[編集]

2012年7月29日クリス・ジョンソンとのトレードでボビー・ボーチェリングと共にヒューストン・アストロズへ移籍[1]。移籍後はAA級コーパスクリスティ・フックスで7試合に出場し、5本塁打16打点1盗塁、打率.414の好成績を記録したため、8月7日にAAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ昇格。AAA級では22試合に出場し、2打点1盗塁、打率.123だった。

2013年はAAA級オクラホマシティで開幕を迎え、6月21日にアストロズとメジャー契約を結び[2]、同日のシカゴ・カブス戦でメジャーデビュー。8回表にジョシュ・フィールズの代打として出場したが、三振に終わった。その後は主に外野手や指名打者として出場していたが、J.D.マルティネスブランドン・バーンズL.J.ホーズロビー・グロスマントレバー・クロウなどと外野の層が厚く、定位置を奪取できないまま打率は.169まで落ち込み、8月19日にAAA級へ降格。9月4日再昇格した。この年は52試合に出場し、4本塁打13打点2盗塁、打率.209だった。

2014年は前年正一塁手としてプレーしていたクリス・カーターが指名打者にコンバートしたため、開幕から主に一塁手として出場。39試合に出場したが、打率は.173と結果を残せず、6月2日にルーキーで一塁手のジョン・シングルトンが大型契約を結んだため、同日にAAA級へ降格。7月23日に再昇格したが、シングルトンが正一塁手としてプレーしていたため、外野に再転向した。この年は67試合に出場し、6本塁打21打点、打率.194だった。

エンゼルス時代[編集]

2014年12月8日にウェーバーでロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムへ移籍した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Diamondbacks acquire Chris Johnson ESPN MLB
  2. ^ Krauss joins Astros after Crowe placed on DL MLB.com
  3. ^ Alden Gonzalez (2014年12月9日). “Angels claim lefty-swinging Krauss off waivers”. MLB.com. 2014年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]