マルティン・ヨル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルティン・ヨル Football pictogram.svg
Jolmartin.jpg
名前
本名 Maarten Cornelius Jol
愛称 マルティン
カタカナ マールテン・コルネリウス・ヨル
ラテン文字 Martin JOL
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1956年1月16日(58歳)
出身地 デン・ハーグ
選手情報
ポジション MF
代表歴
1980–1981 オランダの旗 オランダ 3 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マールテン・コルネリウス・"マルティン"・ヨルMaarten Cornelius "Martin" Jol1956年1月16日 - )は、オランダデン・ハーグ出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。前フラムFC監督。RKCヴァールヴァイク監督時代オランダ最優秀監督に選出された経歴がある。

経歴[編集]

選手時代[編集]

オランダのアマチュアチームでプレーしていた彼をADOデン・ハーグが引き抜き、1973年に同チームでプロデビュー。その後、ドイツイングランドなどを渡り歩き、1985年に古巣に戻り引退した。

オランダ代表として、10代の頃から各世代別の代表に選出されている。また、A代表としても3キャップを記録した。

指導者時代[編集]

1991年よりADOデン・ハーグのアマチュアチームを率いる。1996年ローダJCにて初めてプロチームの監督に就任。RKC監督時代には2001-2002シーズンのオランダ最優秀監督に選出され、マンチェスター・ユナイテッドFCからアシスタントコーチ就任を打診されるなど、次第にその手腕が注目を集めるようになる。

2004年RKCヴァールヴァイクの監督を辞任し、トッテナム・ホットスパーFCのアシスタントコーチに就任。シーズン途中に監督だった元フランス代表監督のジャック・サンティニが突然辞任したため、コーチから昇格し監督となった。同シーズンを9位で終えると、翌シーズンから2年連続で同チームをUEFAカップ出場圏内の5位にまで導いた。

しかしながら、2007-2008シーズンは序盤の不調が響き11月に解任された。2008年7月からはハンブルガーSVの監督に就任し、一時は優勝を争った。2009-10シーズンからアヤックス・アムステルダムの監督を務めた。

2011年6月、フラムFC監督に就任。2013年12月に成績不振を理由に解任された。

所属クラブ[編集]

選手時代[編集]

指導者時代[編集]