マリー・アンヌ・ド・バヴィエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・アンヌ・ド・バヴィエール
マリー・アンヌ・ド・バヴィエール

マリー・アンヌ・クリスティーヌ・ヴィクトワール・ド・バヴィエール(Marie Anne Christine Victoire de Bavière, 1660年11月28日 - 1690年4月20日)は、フランス王太子ルイ(グラン・ドーファン)の妃。バイエルン選帝侯フェルディナント・マリアと妃ヘンリエッテ・アーデルハイトの長女で、ドイツ名はマリア・アンナ・クリスティーネ・ヴィクトリア(Maria Anna Christine Victoria)。バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルケルン選帝侯ヨーゼフ・クレメンスは弟で、アストゥリアス公ヨーゼフ・フェルディナント神聖ローマ皇帝カール7世・ケルン選帝侯クレメンス・アウグスト兄弟は甥に当たる。

1680年ルイ14世の長男ルイ王太子と結婚した。夫との間にブルゴーニュ公ルイ(王太子、ルイ15世の父)、アンジュー公フィリップ(スペインフェリペ5世となる)、ベリー公シャルルの3男をもうけたが、1690年に29歳で死去した。