マリーナ・ラスコーヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリーナ・ミハーイロヴナ・ラスコーヴァロシア語:Марина Михайловна Раскова  1912年3月28日 - 1943年1月4日)は、ソ連女性飛行家ソ連邦英雄

概要[編集]

マリーナ・ラスコーヴァは、帝政時代の1912年にモスクワで生まれた。

1932年より、赤軍航空隊試験所で初の女性操縦士として働いた。レニングラート民間航空大学を1934年に終え、航法士となった。長距離飛行に参加した。1938年9月24日から25日にかけて、ウクライナ人の女性飛行家ワレンチナ・グリゾドゥーボワとポリーナ・オシペンコとともに、DB-2を改修したANT-37"ローヂナ"(АНТ-37 "Родина":「ローヂナ」は「祖国」、「故郷」のこと)でモスクワコムソモーリスク・ナ・アムーレ間5908.61 kmの直線無着陸飛行を行った。

1941年6月22日大祖国戦争独ソ戦)が開始された際には、マリーナ・ラスコーヴァは自身の航空分野での偉業で得たヨシフ・スターリンとの個人的関係と防衛人民委員会での立場を利用し、スターリンに対しすべての女性の戦争協力のための新編成部隊を召集するよう懇願した。この願いは、自分の祖国ロシアから敵を追放することを望む千ものソ連人女性の支持を受けた。

司令部の正式な承認とコムソモールの援助を得て、マリーナ・ラスコーヴァは1941年9月に3つの女性連隊を編成した。Yak-1を主力とする第586戦闘飛行連隊、Pe-2を主力とする第587爆撃飛行連隊、Po-2を主力とする第588夜間爆撃飛行連隊は、試験兵団となった。訓練はヴォルガ川沿の都市サラートフに近いエンゲリスで続けられた。

マリーナ・ラスコーヴァは、爆撃連隊の指揮を執った。1943年、サラートフ近郊で戦死した。その戦死広報はクレムリンの壁に張り出された。彼女の名は、第125護衛爆撃飛行連隊、タンボフ最高軍事航空学校(Тамбовский ВВАУЛ)、そしてヴォルガ川の蒸気客船の名前となった。

外部リンク[編集]