コムソモリスク・ナ・アムーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コムソモリスク・ナ・アムーレ
Комсомо́льск-на-Аму́ре
Комсомольск-на-Амуре Дом со шпилем.jpg
レーニン広場に建つスターリン様式の建物。1953年に建てられた
Coat of Arms of Komsomolsk-na-Amure (Khabarovsk kray) (1999).png
市章
位置
ロシア内のコムソモリスク・ナ・アムーレの位置の位置図
ロシア内のコムソモリスク・ナ・アムーレの位置
座標 : 北緯50度34分 東経137度00分 / 北緯50.567度 東経137.000度 / 50.567; 137.000
歴史
建設 1932年
市に昇格 1933年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 極東連邦管区
 行政区画 ハバロフスク地方の旗 ハバロフスク地方
 市 コムソモリスク・ナ・アムーレ
市長 Vladimir Mikhalyov
地理
面積  
  市域 325km2
人口
人口 (2002年現在)
  市域 281,035人
その他
等時帯 ウラジオストク時間UTC+11
郵便番号 6810xx
市外局番 +7 4217
ナンバープレート 27
公式ウェブサイト : http://www.kmscity.ru/

コムソモリスク・ナ・アムーレロシア語:Комсомо́льск-на-Аму́реカムサモーリスク・ナ・アムーリェラテン文字転写の例:Komsomolsk-na-Amure英語:Komsomolsk-on-Amur)はロシア極東部、ハバロフスク地方アムール川下流の左岸に位置する港湾都市・工業都市である。

概要[編集]

コムソモリスク・ナ・アムーレの通り

アムール上流やオホーツク海への水運のほか、バイカル・アムール鉄道(バム鉄道)が通っている。デ=カストリへの道路。

極東の中心都市ハバロフスクからの距離は356km。人口は、2002年全ロシア国勢調査で281,035人。ハバロフスク、ウラジオストクに次ぐ極東第三の都市で、路面電車も走っている。

町の名前は「アムールにあるコムソモール共産党青年組織)の町」の意味で、中国語では「共青城」とも表記される。

歴史[編集]

1937年に撮影された、建設後間もないコムソモリスク・ナ・アムーレ

19世紀半ばまでアムール川下流は満州の一部でありの領土だったが、1858年アイグン条約ロシア帝国に割譲された。1860年にはペルミ州からの移住者がこの地に村を作りペルムスコエと名付けられた。

市の創立は1932年である。1930年にソ連政府は極東における経済と文化の建設指令を発表し、1931年8月にはアムール川沿岸への造船所建設が発表された。1932年1月、造船所建設の場所はこの地に決まり、1932年5月10日に最初の建設労働者を乗せた船「コミンテルン」と「コロンブス」が着岸した。以後、アムール沿岸の原野だったこの地に極東の中心となる工業都市建設が進み、ソビエト連邦共産党の青年組織コムソモールの若者や政治犯らが集められて飛行機工場や造船所などの建築作業に従事した。1945年までにはソ連極東唯一の製鉄所、アムール製鋼所も建設され、のちには第二次大戦後のシベリア抑留で連行された日本人らも住宅や工場、鉄道建設をさせられた。

20世紀半ば以降、コムソモリスク・ナ・アムーレは製鉄などをはじめとした金属工業、機械工業、石油精製、造船業、航空機製造などで栄え、極東の工業中心地となった。コムソモリスク・ナ・アムーレ航空機製造工場КнААПО)はスホーイの主力工場として戦闘機などを製造し、現在も軍用機や民間機を製造している。ソ連崩壊後は極東唯一だった製鉄所の倒産など苦境にあったが、外資の導入による製鉄工場再編などにより盛り返しつつある。他に、石油製品パイプライン計画が進行中で、コムソナリスク=ナ=アムーレの製油所からデ=カストリまで年間300~400万トンの送油能力の見込み。

姉妹都市・友好都市[編集]

外部リンク[編集]

空中写真(2006/12)