マリア・ピア・デ・サボイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ピア王妃

マリア・ピア・デ・サボイア (Maria Pia de Sabóia, 1847年2月14日 - 1911年7月5日)は、ポルトガル国王ルイス1世の王妃。イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世と王妃マリーア・アデライデの娘。イタリア名マリア・ピア・ディ・サヴォイア(Maria Pia di Savoia)。

1862年10月6日にルイス1世と結婚し、2子が生まれた。

  • カルルシュ1世(1863年 - 1908年)
  • ポルト公アフォンソ(1865年 - 1920年)

慈善活動に熱心だったことから、国民から「慈愛の王妃」「貧者の母」とうたわれた。1889年に夫の死により王太后となるが、長男カルルシュ1世と孫の王太子ルイス・フェリペが暗殺されたのをきっかけに、精神が不安定な状態に陥った。もう一人の孫マヌエル1世の在位期間も精神の病は進行し、1910年の革命亡命を余儀なくされた。王に同道してイギリスへは向かわず、故国イタリアへ帰り、そこで没した。トリノサヴォイア家の墓に葬られた。