マリア・アルテマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
女子 柔道
世界選手権
2013 リオデジャネイロ 78kg超級
世界団体
2012 サルヴァドール 78kg超級

マリア・スウェレン・アルテマン(Maria Suelen Altheman 1988年8月12日- )はブラジルサンパウロ出身の柔道選手。階級は78kg超級。身長173cm。体重109kg[1]。初段[2]

人物[編集]

柔道は9歳の時に始めた[2]。国際大会では何度も上位に食い込むもののなかなか優勝はなかったが、2011年のグランプリ・アムステルダムで優勝した。2012年1月のワールドマスターズでは初戦で中国のトウ文に敗れたものの、背負投で有効ポイントを取る健闘も見せた(トウ文がポイントを取られるのはかなり珍しいケース)。5月のグランドスラム・モスクワでも優勝を飾った。7月のロンドン・オリンピックでは準々決勝で杉本美香足車で敗れると、その後の3位決定戦でもトウ文に腕緘で敗れてメダルは獲得できなかった[1]。10月に地元で開催された世界団体では3位となった。2013年に入るとワールドマスターズでは2位、グランドスラム・バクー及び グランドスラム・モスクワグランドスラム大会では2度の優勝を遂げた。地元のリオデジャネイロで開催された世界選手権では決勝まで進むが、ロンドンオリンピック金メダリストであるキューバのイダリス・オルティスに合技で敗れて2位にとどまった[3]

IJF世界ランキングは2660ポイント獲得で2位(14/4/3現在)。

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て78kg超級での成績)

脚注[編集]

外部リンク[編集]