田知本愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田知本 愛
基本情報
ラテン文字 Megumi TACHIMOTO
日本の旗 日本
出生地 日本の旗富山県射水市
生年月日 1989年1月27日(25歳)
身長 168cm
選手情報
階級 78kg超級
所属 綜合警備保障
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権
2013 リオデジャネイロ 78kg超級
2010 東京 無差別
2008 ルヴァロワ=ペレ 無差別
世界団体
2012 サルヴァドール 70kg超級
2013 リオデジャネイロ 70kg超級
ワールドマスターズ
2011 バクー 78kg超級
2010 水原 78kg超級
グランドスラム
2013 東京 78kg超級
2013 パリ 78kg超級
2012 東京 78kg超級
2012 パリ 78kg超級
2011 リオ 78kg超級
2011 パリ 78kg超級
2010 東京 78kg超級
2011 東京 78kg超級
2011 モスクワ 78kg超級
2010 モスクワ 78kg超級
2009 東京 78kg超級
2009 パリ 78kg超級
アジア大会
2010 広州 無差別
アジア柔道選手権
2011 アブダビ 78kg超級
テンプレートを表示

田知本 愛(たちもと めぐみ、1989年1月27日 - )は、富山県射水市 出身の日本女子柔道家。身長168cm、体重110kg。得意技は大外刈、払腰。組み手は左組み。段位は弐段。血液型はB型 [1]綜合警備保障所属[2]。妹は70kg級で活躍している田知本遥

人物[編集]

柔道は早くも保育園の頃に始めるが一旦やめて、小学校3年の時に再び始める[3]小杉高校時代はインターハイの個人戦と団体戦で2冠を達成するなど活躍した。その後、2008年グランドスラム・東京でシニアの国際大会での本格的なデビューを果たしたが7位に終わる。しかしその2週間後には世界柔道選手権大会無差別級で銅メダルを獲得する活躍を見せた。2010年度は国際大会で2度優勝して、9月の世界選手権でも無差別で3位に入った。12月のグランドスラム・東京では決勝でキューバのイダリス・オルティスを指導3で破り、70kg級で優勝した妹の遥ともども、2008年の世界ジュニアに続く国際大会での姉妹優勝を果たした[4]。 2011年は1月のワールドマスターズと2月のグランドスラム・パリでも優勝を飾り、さらに4月のアジア選手権では個人戦と団体戦でともに優勝を果たした。 その後の全日本選手権では初戦で78kg級の緒方亜香里に敗れた。 6月のグランドスラム・リオでは優勝した。 しかし8月の世界選手権では準々決勝で佟文に敗れ、3位決定戦でも杉本美香に敗れて5位に終わった[5]。 10月の世界柔道選手権大会では5位に終わった。 11月の講道館杯決勝では山梨学院大学山部佳苗に先に指導2を取られてリードされるが、払腰で逆転勝ちして、今大会初優勝を飾った[6]。 12月のグランドスラム・東京では決勝で杉本に敗れて2位に終わった[7]

2012年2月にはグランドスラム・パリに出場して、決勝でロシアのエレナ・イワシェンコを3-0の判定で破って、70kg級で優勝した妹の遥ともども姉妹優勝を果たした[8][9]。 4月の全日本選手権では、準々決勝で山部に1-2の判定で敗れて、5位に終わった[10]。 5月の選抜体重別では準決勝で山部に0-3の判定で敗れた。10月の世界団体では日本チームを優勝に導く活躍を果たした[11]。12月にはグランドスラム・東京に出場すると、決勝でロンドンオリンピック金メダリストであるキューバのイダリス・オルティス片手絞で破って、今大会2年ぶり2度目の優勝を果たした[12]

2013年2月にはグランドスラム・パリに出場すると、決勝でオルティスに反則勝ちするなど、オール一本勝ちで今大会3連覇を飾った[13]。4月の全日本選手権では順当に決勝まで進むが、関東予選決勝では2-1の判定で破っていた了徳寺学園緒方亜香里大内刈で有効を取られて優勢負けして2位にとどまった[14]。5月の体重別では3位にとどまったが、実績で世界選手権代表に選ばれた[15]。8月の世界選手権では、準決勝でオルティスに指導2で敗れて3位に終わった。一方、団体戦では優勝を飾った[16]。 12月のグランドスラム・東京では準決勝で渋谷教育学園渋谷高校朝比奈沙羅を指導2、決勝では山部を指導3でそれぞれ破って、今大会2年連続3度目の優勝を果たした[17]

2014年2月のグランプリ・デュッセルドルフではオール一本勝ちで優勝を果たした[18]。4月の体重別では決勝で山部に指導3で敗れた。続く全日本選手権では、決勝で山部に払腰で敗れて2年連続2位にとどまったものの、国際大会での活躍が評価されて、山部とともに世界選手権代表に選出された[19]。6月のグランプリ・ブダペストではオール一本勝ちで優勝して、最優秀女子選手に選ばれた[20]

IJF世界ランキングは1860ポイント獲得で、3位(14/5/26現在)。

戦績[編集]

IJFグランプリシリーズにおける獲得賞金一覧[編集]

大会 開催日 順位 獲得賞金
世界選手権 2008年12月21日 3位 5,000ドル
グランドスラム・パリ2009 2009年2月8日 3位 1,500ドル
グランドスラム・東京2009 2009年12月11日 3位 1,500ドル
ワールドマスターズ2010 2010年1月17日 3位 2,000ドル
グランプリ・デュッセルドルフ 2010年2月21日 優勝 3,000ドル
グランドスラム・モスクワ2010 2010年7月4日 2位 3,000ドル
グランドスラム・東京2010 2010年12月13日 優勝 5,000ドル
ワールドマスターズ2011 2011年1月16日 優勝 6,000ドル
グランドスラム・パリ2011 2010年2月6日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・モスクワ2011 2011年5月29日 3位 1,500ドル
グランドスラム・リオデジャネイロ2011 2011年6月19日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・東京2011 2011年12月11日 2位 3,000ドル
グランドスラム・パリ2012 2012年2月5日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・東京2012 2012年12月2日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・パリ2013 2013年2月10日 優勝 5,000ドル
グランプリ・マイアミ 2013年6月16日 優勝 3,000ドル
世界選手権 2013年8月31日 3位 2,000ドル
グランドスラム・東京2013 2013年12月1日 優勝 5,000ドル
グランプリ・デュッセルドルフ 2014年2月23日 優勝 3,000ドル
グランプリ・ブダペスト 2013年6月22日 優勝 4,000ドル
総計
20大会 73,500ドル
  • 日本選手の場合は、獲得賞金の半分は全柔連の取り分となっていたが、2013年3月からは競技者規定が改訂されて、賞金は全額選手が受け取れることになった[21]。なお、2010年のグランドスラム・パリの場合は、獲得賞金の20%がコーチの取り分となったので、3位の賞金は1,500ドルではなく1,200ドルとなった[22]。2011年の世界選手権ではメダリストに賞金ではなく贈り物が与えられた[23]。2014年のグランプリ・ブダペストでは最優秀女子選手に選ばれて、通常のグランプリ優勝賞金である3000ドル以外にさらに1000ドルを支給された[20]

脚注[編集]

  1. ^ 「柔道全日本強化選手名鑑 2012」近代柔道 ベースボールマガジン社、2012年4月号
  2. ^ 柔道部 - ALSOK 綜合警備保障
  3. ^ 「解体新書 田知本愛」近代柔道 ベースボールマガジン社、2006年11月号、92-95頁
  4. ^ 【柔道】夢は姉妹でロンドン五輪 田知本姉妹がV MSN産経ニュース 2010年12月13日
  5. ^ 田知本、意気込み実らず MSN産経ニュース 2011年8月28日
  6. ^ 田知本逆転V 杉本に追いつけ/柔道 日刊スポーツ 2011年11月12日
  7. ^ 田知本愛、世界選手権に続き苦杯 サンケイスポーツ 2011年12月11日
  8. ^ 遥も愛も強い!田知本姉妹仲良くV/柔道 日刊スポーツ 2012年2月6日
  9. ^ 2人で五輪グイッ!田知本姉妹V/柔道 サンケイスポーツ 2012年2月6日
  10. ^ 山部初V、昨年女王杉本下す/柔道 日刊スポーツ 2012年4月15日
  11. ^ 日本女子が優勝=世界団体柔道 時事通信 2012年10月28日
  12. ^ 田知本が五輪金メダリスト破り優勝/柔道 日刊スポーツ 2012年12月2日
  13. ^ 田知本オール一本勝ちでV!緒方は2位 GSパリ大会最終日 スポーツニッポン 2013年2月10日
  14. ^ 緒方が初優勝 柔道の全日本女子選手権 日本経済新聞 2013年4月21日
  15. ^ 世界柔道代表18人を発表…過去の内容を重視で 読売新聞 2013年5月12日
  16. ^ 田知本愛は銅…日本女子「金」ゼロ、22年ぶり 時事通信 2013年9月1日
  17. ^ 日本勢男子5階級、女子6階級で金/柔道 日刊スポーツ 2013年12月1日
  18. ^ 上川・田知本が優勝 柔道グランプリ大会 日本経済新聞 2014年2月24日
  19. ^ 柔道女子代表出そろう…五輪「金」の松本ら追加 読売新聞 2014年4月20日
  20. ^ a b Judo Grand Prix, Budapest 2014 DAY2
  21. ^ 競技者規定 - 財団法人 全日本柔道連盟
  22. ^ Coaches will receive prize money
  23. ^ 2011 WC + Teams - Paris

外部リンク[編集]