マッケンジー・ベルナドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッケンジー・ベルナドー

Mackenzy Bernadeau
ダラス・カウボーイズ No. 73

ガード
生年月日:1986年1月3日(28歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウォルサム
身長:6' 4" =約193cm 体重:320 lb =約145.1kg
NFLデビュー
2009年カロライナ・パンサーズ
経歴
大学ベントリー大学
NFLドラフト2008年 / 7巡目(全体の250番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
出場試合数     63試合
先発出場試合数     36試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

マッケンジー・ベルナドー(Mackenzy Bernadeau 1986年1月3日- )はマサチューセッツ州ウォルサム出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLニューオーリンズ・セインツに所属している。ポジションはガード

経歴[編集]

地元ウォーザンにあるベントリー大学に進学、37試合で左ガード、左タックルとして先発出場した。2年次には左タックルとして全10試合で先発出場した。3年次には全11試合で左タックル、左ガードとして先発出場した。4年次には左ガードとして6試合に先発出場、ひざの負傷でシーズン最後の4試合に欠場した。この年、アメリカンフットボールコーチ協会からオールアメリカンに選ばれた。3年次、4年次にはノースイースト10カンファレンスの最優秀オフェンスラインマンに選ばれた[1]

2008年NFLドラフト7巡でカロライナ・パンサーズに指名された。ノースイースト10カンファレンスからドラフト指名されたのは、彼が初めてであった[2]。またベントリー大学からNFLドラフト指名を受けたのは史上2人目で、ロースターに残ったのは彼が初めてであった。

2009年、全16試合に出場、タックルのジョーダン・グロスがシーズン絶望となる怪我を負ったことから、シーズン最後の7試合で左ガードとして先発出場した[1]

2010年、開幕から5試合で右ガードとして先発、トラベル・ワートンが爪先の負傷でシーズン絶望となった後、シーズン最後の7試合で左ガードとして先発するなど、全16試合に出場した[1]

2011年、15試合に出場、1試合で左ガードとして先発した[1]

2012年3月14日、ダラス・カウボーイズと4年間1100万ドルで契約を結んだ[3]。同年5月、でん部の手術を行った[4]。さらに7月にはひざの手術を受けた[2]。チームのオフェンスラインマンで唯一全スナップで出場した[5]

2013年3月、肩の手術を受けた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Dallas Cowboys bio”. ダラス・カウボーイズ. 2013年5月12日閲覧。
  2. ^ a b c Christian Blood (2013年3月22日). “Dallas Cowboys: Why Mackenzy Bernadeau Might Not Be Around Next Season”. bleacherreport.com. 2013年5月12日閲覧。
  3. ^ Tim McMahon (2012年10月10日). “Is Mackenzy Bernadeau's starting job in jeopardy?”. ESPN. 2013年5月12日閲覧。
  4. ^ Mackenzy Bernadeau has hip surgery”. ESPN (2012年5月16日). 2013年5月12日閲覧。
  5. ^ Jonathan Bales (2013年1月10日). “Breaking Down the ‘Boys: Mackenzy Bernadeau 2012 Review, Final Grade”. cowboysblog.dallasnews.com. 2013年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]