ポール・トーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・トーディ(Paul Torday, 1946年 - 2013年12月18日)は、英国の小説家。

父はハンガリー人、母はアイルランド人オックスフォード大学ペンブルック・カレッジで学び、26歳から約30年間ノーサンバーランドで働いた。2006年、59歳にして初めての小説『イエメンで鮭釣りを』を上梓し、2007年ボランジェ・エブリマン・ウッドハウス賞を受賞、翌2008年にはギャラクシー・ブリティッシュ・ブック賞の最優秀新人作家候補となった。さらに本作は映画化され、2012年に公開された[1]

著作[編集]

日本語訳のみ

  • イエメンで鮭釣りを / 小竹由美子訳. -- 白水社, 2009.4 (エクス・リブリス)
  • ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン / 小竹由美子訳. -- 白水社, 2010.8 (エクス・リブリス)

脚注[編集]

  1. ^ 映画『イエメンで鮭釣りを』 - IMDb