ポイ (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボールに入れたポイ

ポイ(poi)は、タロイモ球茎から作るポリネシア主食のことを指すハワイの言葉である。ポイは、焼くか蒸すかした球茎を、粘りが出るまですりつぶすことによって作られる。すりつぶす時とまた食べる際に、液状あるいはパン生地程度の固さなど、好みの程度になるように水が加えられる。

サモアにおけるポイは、熟したバナナココナッツクリームから作るデザートのことを指し、またタヒチのポイは、バナナ、パパイア、あるいはマンゴーを、キャッサバとココナッツクリームで調理した甘いプリンのような料理を指すので、どちらもタロイモから作られたポイとは異なる。

歴史と文化[編集]

伝統的なポイ作り

ハワイでは器に供されたポイはとても大切で神聖なものと考えられており、家族の食事においてポイの器の覆いが外された際にはいつも、ハワイの人々の祖先であるハロア(Hāloa)の霊が臨在していると信じられている。これは、ハワイではタロイモがハワイの人々の祖先であったと信じられているためである[1]。そのため、家族の間でのいさかい事も、直ちにやめなければならない。[2]

ペストや労働力の不足による近年のタロイモの生産量の不足によって、ハワイでのポイが貴重になり、値段も高騰している。同時に、ポイの生産法の高度化により、ポイは日持ちするようになり、その味は甘くなった。しかし、そのようなポイは特に高値で売られ、保存には冷蔵庫が必要である。

食料[編集]

ポイはペーストのような食感で、繊細な香りである。香りは、ポイが作られるとはっきりと変化する。新鮮なポイは甘く、そのままで食べられる。作ってから数日経つと甘さがなくなり、わずかに酸っぱくなる。このため、ミルクや砂糖と混ぜて食べるのを好む人もいる。この発酵の速度はポイの中の細菌の量に依存する。酸化の速度を遅らせるために、ポイは台所の戸棚などの低温で暗いところに保存される。ポイを冷蔵庫で保存する場合は、すぐに袋からボールに移して表面に水を張る必要がある。

酸っぱくなったポイもロミロミサーモン等と合わせて食べたり、料理の材料に使うことができる。酸化は冷凍や脱水によって防ぐことができるが、ポイの味は薄くなってしまう。冷凍ポイの解凍は、表面に水を張って電子レンジで加熱すると良い。

その他の利用[編集]

ポイは栄養価が高いため、牛乳アレルギーの赤ちゃんのためのミルクの代用品として用いることができる。また、食物アレルギーを持つ赤ちゃんのためのベビーフードにもなる。

出典[編集]

外部リンク[編集]