ホイエルスヴェルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Stadtwappen der Stadt Hoyerswerda Lage der kreisfreien Stadt Hoyerswerda in Deutschland
基本情報
連邦州: ザクセン州
行政管区: ドレスデン行政管区
郡: バウツェン郡
面積: 94.76 km²
人口:

34,317人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 340 人/km²
高度: 海抜 117 m
緯度経度: 北緯 51度26分
東経 14度15分
郵便番号: 02977
市外局番: 03571
ナンバープレート: BZ(2008年までは HY)
自治体コード: 14625240
UN/LOコード: DE HWE
市庁舎の住所: Neues Rathaus
Salomon-Gottlob-Frentzel-Straße 1
02977 Hoyerswerda
ウェブサイト: www.hoyerswerda.de
E-Mail: pressestelle@hoyerswerda-stadt.de
行政
上級市長: シュテファン・スコーラ (Stefan Skora) (CDU/Die Wahlplattform für Hoyerswerda)
市庁舎

ホイエルスヴェルダHoyerswerda)は、ドイツ連邦共和国の都市。ザクセン州に属する。人口は約34,000人。ドイツ東部の少数民族ソルブ人も居住している。ソルブ語ではWojerecyと呼ぶ。

地勢・産業[編集]

ブランデンブルク州との州境に近い。近隣の都市としては、約35キロ北にコトブス、30キロ南にバウツェン、60キロ南東にゲルリッツが位置している。ラウジッツ地方の都市である。

歴史[編集]

1371年、神聖ローマ皇帝のカール4世から市場特権を認められた。1423年には都市特権を得た。第二次世界大戦後、東ドイツ政権下で大規模な褐炭コンビナートが開発され、労働者居住区として「社会主義者ニュータウン」が設けられて人口が増加した。しかし、東西ドイツの統一後に自由主義経済に適応できず、街の産業は深刻な打撃を受けた。失業率も高く、ホイエルスヴェルダから急速に人口流出が進んだことで、約3分の1近くの人口が失われた。旧東独の多くの都市では人口が減少しているが、その中でもとりわけ人口減少率が高い(1990年[2]:約6,5000人、現在:約34,000人)。

引用[編集]

外部リンク[編集]