ペギー・シュヴァルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ペギー・シュヴァルツ
Peggy Schwarz
Figure skating pictogram.svg
Peggy Schwarz.jpg
2008年
基本情報
代表国: ドイツの旗 ドイツ
生年月日: 1971年9月4日(42歳)
出生地: 東ベルリン
身長: 160 cm
元パートナー: ミルコ・ミュラー
アレクサンダー・ケーニッヒ
元コーチ: Knut Schubert
元振付師: Shanti Ruchpaul
Diana Goolsbey
引退: 2000年

ペギー・シュヴァルツPeggy Schwarz1971年9月4日 - )は、旧東ドイツ東ベルリン生まれの女性フィギュアスケート選手。1988年カルガリーオリンピックから1998年長野オリンピックまで4大会連続ペア東ドイツおよびドイツ代表。パートナーはミルコ・ミュラーアレクサンダー・ケーニッヒなど。

経歴[編集]

旧東ドイツの東ベルリンに生まれ、4歳ころにスケートを始めた。アレクサンダー・ケーニッヒとペアを組み、1987-1988年シーズンの東ドイツ選手権で優勝。1988年欧州選手権では初出場で3位、東ドイツ代表として出場したカルガリーオリンピックでは7位となった。

東西ドイツ統一後の1991-1992年シーズンのドイツ選手権で優勝。1992年アルベールビルオリンピックではドイツ代表として出場し7位。3度目のオリンピックとなった1994年リレハンメルオリンピックでも7位となり、同シーズンをもって一時競技を離れた。

1996-1997年シーズン、ミルコ・ミュラーとペアを結成し現役復帰。翌1997-1998年シーズンのドイツ選手権で優勝を果たし、4度目の出場となった長野オリンピックでは9位となったものの1998年世界選手権では3位となり自身初の世界選手権のメダルを獲得する。1999-2000年シーズンを持って現役引退。現在はフィギュアスケートコーチとして活動している。

主な戦績[編集]

  • 1993-94まではアレクサンダー・ケーニッヒとのペア。
  • 1996-97以降はミルコ・ミュラーとのペア。
大会/年 1987-88 1988-89 1989-90 1990-91 1991-92 1992-93 1993-94 1996-97 1997-98 1998-99 1999-00
オリンピック 7 7 7 9
世界選手権 4 10 7 6 12 9 10 3 8 8
欧州選手権 3 4 5 5 7 6 5 4 5
ドイツ選手権 2 1 棄権 2 2 1 1 1
NHK杯 7 3

外部リンク[編集]