ベリー (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベリーの旗
ベリー州

ベリー (Berry) は、フランスの地方名。以下の地域を含む。

ベリー住民のことは、ベリション(Berrichons)という。これは、古代ローマ時代の古称ビトゥリゲス=クビ(Bituriges-Cubi)に由来する。

歴史的には、フランス革命以前のフランスの州の一つであり、ブールジュ州都とした。

歴史[編集]

カロリング朝期には独立した伯爵領であった。11世紀末にはフランス王家が占領をしていたが、完全にフランスに帰属したのはその2世紀も後のことである。

ベリーは1360年に公爵領へ昇格した。善王ジャン2世が、子であるベリー公ジャン1世(ジャン・ド・ベリー、1340年 - 1416年)に親王采地として委ねたためである(なお、このジャン1世は『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』の作成を命じた人物として知られる)。この公爵領は1434年にフランス王領に再び戻った。公爵家の直系が絶えた際に、それを見越していた当時の当主が、領地を没収されることなく自分の(公爵家の血を引かない)子どもに所領を継がせようと一計を案じたためである。

ベリー公の称号は以降、フランス王家の王子・王女らが襲名したが、中でも有名なのは、シャルル10世の次男で1820年に暗殺されたシャルル・フェルディナン・ダルトワである。