ベタメタゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベタメタゾン
Betamethasone.png
Betamethasone2.png
IUPAC命名法による物質名
(8S,9R,10S,11S,13S,14S,16S,17R)-9-fluoro- 11,17-dihydroxy-17-(2-hydroxyacetyl)-10,13,16-trimethyl- 6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17-dodecahydro- 3H-cyclopenta[a]phenanthren-3-one
臨床データ
商品名 Celestone
AHFS/Drugs.com monograph
胎児危険度分類
法的規制
?
投与方法 経口・注射・外用
薬物動態的データ
生物学的利用能 ?
代謝 hepatic CYP3A4
半減期 36-54 時間
排泄 腎排泄
識別
CAS番号 378-44-9 チェック
ATCコード

A07EA04 C05AA05

D07AC01
H02AB01
R01AD06
R03BA04
S01BA06
S01CB04
S02BA07
S03BA03
PubChem CID 9782
DrugBank APRD00513
ChemSpider 9399 チェック
UNII 9842X06Q6M チェック
KEGG D00244 チェック
ChEBI CHEBI:3077 チェック
ChEMBL CHEMBL632 チェック
化学的データ
化学式 C22H29FO5 
分子量 392.461

ベタメタゾン は、糖質コルチコイドであり、ステロイド抗炎症薬免疫抑制薬として用いられる。 他のステロイド比べて、ベタメタゾンは鉱質コルチコイド作用が少なく、ナトリウムおよび水貯留を引き起こしにくい[1]皮膚炎や皮膚掻痒症に対しては、軟膏クリームローションなどが用いられることがある。 気管支喘息重積発作・副腎クリーゼ造血器腫瘍などの治療には注射剤が用いられることもある。

剤形[編集]

ベタメタゾンは、リン酸エステル、吉草酸エステルなどといった複数の化合物による製剤がある。 剤形は錠剤(リンデロン錠)、軟膏(リンデロン-V軟膏)、クリーム(リンデロン-Vクリーム)、テープ(トクダームテープ)、注射(リンデロン注)などさまざまなものがある。

適応症[編集]

など

脚注[編集]