ヘンリー・リピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・リピット


任期
1875年5月25日 – 1877年5月29日
前任者 ヘンリー・ハワード
後任者 チャールズ・C・ヴァン・ザント

政党 共和党

ヘンリー・リピット(Henry Lippitt、1818年10月9日 - 1891年6月5日)は、アメリカの実業家、政治家。

家族[編集]

ウォーレン・リピットとエリザ(・シーマンズ)・リピットの息子で、メアリー・アン・バルチと結婚した。息子チャールズ・リピットヘンリー・F・リピット[1]や孫フレデリック・リピット、曾孫ジョン・チェイフィー、玄孫リンカーン・チェイフィーなど、子孫から多くの政治家が出た。

経歴[編集]

リピット羊毛社社長で、ハノラ工場、ウーンソケットのソーシャル工場など沢山の織物工場を所有していた。ロードアイランド州貯蓄銀行副頭取、ロードアイランド州国法銀行頭取を務めた。ロードアイランド州知事も務めている。

自宅[編集]

自宅はプロビデンス東部にヘンリー・リピット知事邸として残っている。1865年に完成し、1976年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定され、1981年にリピット家からロードアイランド州に寄贈された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]