リンカーン・チェイフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンカーン・チャフィー

リンカーン・ダヴェンポート・チェイフィーLincoln Davenport Chafee,1953年3月26日 - )は、アメリカの政治家。現ロードアイランド州知事2011年 - )。同州ウォリック市長(1992年 - 1999年)在任中の1999年、父ジョン・チェイフィー上院議員の死去に伴い連邦上院議員に就任する(在職期間1999年 - 2007年)。ロードアイランド州選出で上院議員当時の所属政党は共和党。上院議員在職中は共和党内で最も穏健な議員のうちの一人であった。現在は共和党を離党し無所属。

ロードアイランド州プロビデンス生まれ。フィリップス・アカデミーで学んだ後、ブラウン大学で古典を学ぶ。しかし、次にモンタナ州立大学蹄鉄工養成学校に通い、7年の間、蹄鉄工としてアメリカやカナダで働いた。

2006年の中間選挙では全米の反共和党ムードの中、民主党のシェルダン・ホワイトハウスに敗れ、連邦上院議員を退いた。2008年アメリカ大統領選挙では民主党のバラク・オバマを支援した。2010年の中間選挙で独立系候補としてロードアイランド州知事選挙に出馬、民主・共和両党の候補などを破って当選し、4年ぶりに公職に復帰した。また、父子2代でのロードアイランド州知事職になる。

公職
先代:
チャールズ・ドノヴァン
ウォリック市長
1993年 - 1999年
次代:
スコット・アブデシャン
先代:
ドナルド・カーチェリ
ロードアイランド州知事
2011年 -
次代:
(選出)
議会
先代:
ジョン・チェイフィー
ロードアイランド州選出の上院議員(第1部)
1999年11月2日 - 2007年1月4日
次代:
シェルダン・ホワイトハウス