ヘンリー・ストンメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・M・ストンメル
人物情報
生誕 1920年9月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デラウェア州ウィルミントン
死没 1992年1月17日(満71歳没)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 イェール大学
学問
研究分野 海洋物理学
研究機関 ウッズホール海洋研究所ハーバード大学マサチューセッツ工科大学
主な業績 西岸強化理論
深層循環モデル
海流の渦による水平混合
主な受賞歴 アレキザンダー・アガシー・メダル(1979年)
クラフォード賞(1983年)
テンプレートを表示

ヘンリー・M・ストンメル(Henry Melson Stommel、1920年9月27日 - 1992年1月17日)はアメリカ合衆国海洋物理学者。

経歴[編集]

1920年にデラウェア州ウィルミントンで出生。イェール大学1942年に卒業。1944年から死去する1992年まで[1]ウッズホール海洋研究所に勤務。1960年から1963年と1963年から1978年までハーバード大学マサチューセッツ工科大学海洋学教授に就任。

1948年には西岸強化理論1958年には深層循環モデルを提唱。1950年12月6日に結婚し3人の子供がいる。1992年に死去。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • The Gulf Stream(邦題:メキシコ湾流、1958年)
  • Kuroshio, its physical aspects(邦題:黒潮、東京大学出版会吉田耕造と共著、1972年)
  • A View of the Sea(邦題:海を観測する、1987年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1960年から1978年までは大学教授をしていたため非常勤。

関連項目[編集]