ヘンティー山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンティー山脈(ヘンティーさんみゃく、モンゴル語Хэнтий нуруу ヘンティー・ノロー)はモンゴル国ヘンティー県トゥブ県にまたがる山脈チンギス・ハーンの生誕地および墓所があるとされる聖なる山ブルカン岳が含まれる。

太平洋北極海バイカル湖経由)へ流れる川(および中央アジアへの内陸河川)の分水嶺となっており、オノン川ヘルレン川トール川の水源となる。

漢名での古称を狼居胥山といい、匈奴の本拠であったのを前漢元狩四年(前119年)に霍去病が追い詰め大破し、祭壇を築いて戦勝を祝った。