ヘルレン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルレン川
ヘルレン川
ヘルレン川流路
延長 1,254 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 ヘンティー山脈
河口・合流先 フルン・ノール(呼倫湖)
流域 中華人民共和国の旗 中国
モンゴルの旗 モンゴル
テンプレートを表示

ヘルレン川ケルレン川、Kherlen、Kerülen、モンゴル語: Хэрлэн гол, Kherlen gol; 中国語: 克鲁伦河拼音: Kèlǔlún hé)は、ユーラシア大陸の北東部を流れるで、モンゴル東部のヘンティー県から中華人民共和国北部(内モンゴル自治区)にかけて流れている。

流路[編集]

ヘルレン川は首都ウランバートルからは北東へ180キロメートルほど離れた、ヘンティー山脈南麓のハン・ヘンティー厳正保護区内にある、チンギス・ハンの生まれ故郷とされるボルハン・ハルドン(ブルカン山)の近くに発する。この地域は、太平洋へ流れる川(ヘルレン川)と北極海へ流れる川(トーラ川)の分水嶺でもある。

ヘルレン川は山地を南へ下った後、東へ向けてヘンティー県ドルノド県を流れ、モンゴル東部草原地帯を貫く。流域の主な町には、ヘンティー県の県都ウンドゥルハーン、ドルノド県の県都チョイバルサンがある。ドルノド県を出て中国領に入り、内モンゴル自治区フルンボイルを流れてフルン・ノール(呼倫湖)に流入している。フルン・ノールには、後述の通り一部の時期を除いて流出口はない。中国領内での長さは164キロメートルになる。

ヘルレン川は、内陸の草原地帯を流れる川の多くと同様に流量が少なく、一年のうちには断流している時期もある。

ヘルレン・アルグン・アムール水系[編集]

ヘルレン川の注ぐフルン・ノールには水の出口がないが、降水量の多い年には湖の北岸から水があふれて草原を30キロメートルほど流れ、アルグン川へと合流することがある。アルグン川は中露国境を944キロメートルにわたり流れ、シルカ川と合流してアムール川を形成する。ヘルレン川を含めた場合、アムール川水系は大きく西へ拡大し、ヘルレン川源流からアムール川河口までの長さは5,052キロメートルに達する。

流域の歴史[編集]

チョイバルサン市を流れるヘルレン川

ヘルレン川流域は、匈奴鮮卑など、モンゴル草原の遊牧民族の多くが活動した地域である。チンギス・ハンは、その活動の初期にはヘルレン川一帯を活動範囲としており、伝説ではその墓所もヘルレン川の流域にあるとされる。『元朝秘史』では客魯漣 木漣 Kelüren Müren、『集史』では كلوران Kalūrān と音写され、13-14世紀には現在の Kherlen と異なり、rとlが入れ違って発音されていたようである。また『元史』その他の当時の漢語文献では克魯倫、怯呂連、怯禄連、曲禄憐などとも書かれた。

永楽帝は、モンゴルのタタール部とオイラト部に対する北方親征の際、ヘルレン川流域でモンゴルの軍を破っている。また康熙帝ガルダン・ハーンに対する親征を行い、ヘルレン川でこれを破った。