ヘルメー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アテナイの市場に置かれていたデモステネスのヘルメー。ポリュエウクトス作。紀元前280年頃。グリュプトテーク

ヘルメーギリシャ語ἕρμα, herma, 複数形:hermai, ヘルマイ)は、石もしくはテラコッタ、青銅(ブロンズ)でできた正方形あるいは長方形の柱。柱の上にはヘルメースの胸像が乗っていて、通常あご髭を生やし、さらに柱の部分には男性の生殖器がついている。古代ギリシアの神ヘルメースは、商人および旅行者の守護者としての役割を担う前は、生殖力・運・街道と境界と関連した、ファルス男根)の神だった。「ヘルメース」という名前はこのヘルメーに由来する。

さまざまな種類のヘルメー

ヘルメーは街道と境界の境界線を示す目印として使われた。他にも、アテーナイでは、幸運を招くよう家の外に置かれた。この迷信は、たとえばブロンズの猪像「ポルチェリーノ」(en:Porcellino)(他世界中の類似のもの)に受け継がれていて、猪の鼻とヘルメーの陰茎(ペニス)が輝いているのは、幸運または多産を願って触られるからである。

ペロポネソス戦争の間の紀元前415年、アテーナイ艦隊がシラクサに向けて出帆しようとする前夜、アテーナイ中のすべてのヘルメーが破壊された。これは恐ろしい不信心な行為で、多くの人々は遠征の成功を脅かすものだと考えた。シラクサか、もしくはアテーナイの戦争に反対する穏健派による破壊活動だと信じ、実際にアルキビアデスが事件の首謀者として訴えられた。アルキビアデスはそれを否認し、裁判を受けると申し出たが、アテーナイの人々はこれ以上の遠征の中断を望まなかった。しかし、アルキビアデスの政敵たちは、アルキビアデスが遠征でアテーナイを離れて不在の時に、ヘルメーを破壊した罪ならびにエレウシスの秘儀を冒涜した罪の両方で、アルキビアデスに死刑を宣告した。

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]