グリュプトテーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリュプトテーク外観

グリュプトテーク (Glyptothek) は、ドイツミュンヘンにある古典古代彫刻専門の美術館である。「グリュプトテーク」はギリシャ語で「彫刻館」の意。

同じミュンヘン市内にあるアルテ・ピナコテーク(旧絵画館)と同様、バイエルン国王・ルートヴィヒ1世(在位1825年1848年)が設立した美術館である。アルテ・ピナコテーク(1836年開館)より若干早く、1830年に開館した。ギリシャ神殿風の建物は新古典主義の建築家レオ・フォン・クレンツェ1784年1864年)の設計になる。通りを挟んで向かい側にある古代美術博物館(Antikensammulugen)とともにバイエルン州立古代美術コレクションを形成している。

第二次世界大戦の空襲で甚大な被害を受け、一時閉鎖されていたが、1972年に再開館した。

主な収蔵品[編集]

エギナ島アファイア神殿の彫像
アテネの南西にあるエギナ島アファイア神殿のペディメント(破風)彫刻であり、トロイア戦争を表したものである。紀元前500年頃。
テネアのアポロン
紀元前550年頃、ギリシャ・アルカイック期に作られたアポロンの彫像で、ペロポネソス半島東北部、コリントス近郊のテネアで発掘された。
バルベリーニのフォーン
眠るフォーンの彫像。17世紀イタリアの枢機卿でベルニーニの庇護者であったバルベリーニが自らの宮殿においたことから、バルベリーニのフォーン(Barberini Faun)と呼ばれる。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]