ヘルト=ヤン・テュニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルト=ヤン・テュニス(Gert-Jan Theunisse、1963年1月14日 - )は、オランダオス出身の元自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

1984年、パナソニックと契約を結んでプロ転向。

1987年、PDM・コンコルドに移籍。当時同チームのリーダーだったペドロ・デルガドのアシストとして、ツール・ド・フランスに初出場し総合48位。

1988年クラシカ・サンセバスティアン優勝。ツール・ド・フランスでは、チームリーダーで、同年の山岳賞を獲得(総合2位)したスティーヴン・ロークスをアシストしつつ、自らも総合4位に入線。しかし、後日テストステロンの陽性反応により、10分のペナルティが加算され、総合11位に降格。

1989年ツール・ド・フランス第17ステージのラルプ・デュエズのゴールを制覇。山岳賞を獲得し、総合4位。

1990年、パナソニック・スポートライフに移籍。フレッシュ・ワロンヌ及びエウスカル・ビシクレタの2レースで、再びテストステロンの陽性反応が出たため、ツール・ド・フランスに出場できず。

1991年、TVM・三洋に移籍。ツール・ド・ルクセンブルク総合優勝。ツール・ド・フランス総合13位。

1992年ツール・ド・フランス総合13位。

1995年ティレーノ〜アドリアティコ第2ステージにおいて心臓発作に見舞われる。同年限りで現役を引退。

その後、マウンテンバイクレースに取り組むようになったが、1997年9月、練習中に交通事故に遭い、脊髄を損傷。対麻痺となってしまった。

外部リンク[編集]