プレトリア・キャッスル (護衛空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Pretoria Castle.jpg
艦歴
発注
起工
進水 1938年10月12日
竣工 1939年4月(客船として)
就役 1939年11月28日
1943年7月29日
退役 1942年8月
1946年1月26日
その後 1946年に売却
1962年7月にスクラップとして廃棄
除籍
前級 ナイラナ級航空母艦
次級 アーチャー (護衛空母)
性能諸元
排水量 基準:19,650 トン
常備:23,450 トン
全長 594 ft (181 m)
全幅 76 ft (23 m)
吃水 29 ft (8.8 m)
飛行甲板長 170.1 m×23.2 m
機関 H&W-B&W式8気筒ディーゼル機関2基2軸推進
最大出力 16,000 bhp
最大速力 17ノット (33 km/h)
乗員
兵装 Marks XVI 10.2cm(45口径)連装高角砲2基4門
4cm(39口径)4連装機関砲4基16門
エリコン20mm(70口径)連装機銃10基20門
航空兵装 21機、昇降機1基、カタパルト1基

プレトリア・キャッスル (HMS Pretoria Castle, F61) は、イギリス海軍護衛空母

艦歴[編集]

プレトリア・キャッスルはユニオン=キャッスル・ラインオーシャン・ライナーとして、ベルファストハーランド・アンド・ウルフ社で1938年に進水、1939年に竣工し、アフリカ一周航路に就航した。

1939年10月に海軍によって取得され、6インチ砲および3インチ砲を装備した武装商船に改装。同年11月28日に就役した[1]。プレトリア・キャッスルは武装商船としてフリータウンを拠点に船団護衛に従事した[1]

1942年7月16日に海軍により完全に購入され[1]、プレトリア・キャッスルはタインアンドウィアスワン・ハンター造船所で護衛空母に改装された。1943年7月29日に空母として就役、8月9日に改装は完了した[1]。プレトリア・キャッスルは試験用空母としてウェスタンアプローチ管区に配属された[1]。1943年10月にはDS46船団の護衛に参加している[1]

1945年、エリック「ウィンクル」・ブラウン大尉の操縦するベル エアラコブラ Mk1、機体番号AH574が着艦し、プレトリア・キャッスルは航空史の一部となった。これは前輪式降着装置装備機による空母への初の着艦であった。

戦後、プレトリア・キャッスルは1946年にユニオン=キャッスル・ラインに売却され客船に改装、ウォリック・キャッスル (Warwick Castle) と改名され、イギリス - 南アフリカ間を運行した。ウォリック・キャッスルは1962年にバルセロナで売却、スクラップとして廃棄された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Royal Navy Escort Carriers, p.99

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第71集 イギリス航空母艦史」(海人社)
  • 海人社『世界の艦船』1986年10月号 No.370

参考文献[編集]

  • David Hobbs, Royal Navy Escort Carriers, Maritime Books, 2003, ISBN 0907771998

関連項目[編集]

外部リンク[編集]