プティロドゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プティロドゥス
地質時代
暁新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 異獣亜綱 Allotheria
: 多丘歯目 Multituberculata
亜目 : キモロドン亜目 Cimolodonta
上科 : プティロドゥス上科 Ptilodontoidea
: プティロドゥス科 Ptilodontidae
: プティロドゥス属 Ptilodus
学名
Ptilodus
Cope, 1881
  • P. fractus
  • P. gnomus
  • P. kummae
  • P. mediaevus
  • P. montanus
  • P. tsosiensis
  • P. wyomingensis

プティロドゥス (Ptilodus) は、新生代暁新世(6,500万 - 5,800万年前)の北アメリカ大陸ヨーロッパに生息していた絶滅哺乳類。哺乳綱 - 異獣亜綱 - 多丘歯目 - プティロドゥス科に属する。学名の「Ptilo」は羽根、odus (odon) はを意味する。

形態[編集]

頭胴長15 - 20cmほど、を含めた全長は約50cm。前部の長く伸びた切歯と大型の小臼歯を備える。この小臼歯は複雑な畝を備え、食物をすり潰すのに適していたと思われる。身体に比し長い尾、ものを握ることができる構造の親指かかとの骨の自由度が大きいなど、樹上性の動物の特徴を備えていた。しかし蹠行性であり、四肢の骨も単孔類あるいは中生代獣弓類のように半直立に近い形態であることから、動きはやや敏捷性に欠けていたと思われる。

生態[編集]

上記の様にこの生物は樹上性であり、その生態はリスに似ていたと思われる。その歯は木の実などを砕くのに適した形態であった。しかし、後発のパラミスなど齧歯類も同様の生態であり、より活発であった。おそらくプティロドゥスはかれらと競合の結果、姿を消していったと思われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]