ブリトン・チャンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリトン・チャンス
人物情報
生誕 1913年7月24日
ペンシルベニア州
死没 2010年11月16日(満97歳没)
出身校 ペンシルベニア大学
ケンブリッジ大学
学問
研究分野 生化学
生物物理学
研究機関 ペンシルベニア大学
主な業績 酵素反応速度論、光学イメージング、核磁気共鳴画像法
主な受賞歴 フランクリン・メダル(1966)
ガードナー国際賞(1972)
アメリカ国家科学賞(1974)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 セーリング
オリンピックセーリング競技
1952 5.5m級

ブリトン・チャンス英語: Britton Chance1913年7月24日 - 2010年11月16日)は、アメリカ合衆国生物物理学者

経歴・人物[編集]

彼はペンシルベニア州ウィルクス・バリで生まれ、1935年に学士号、1936年に修士号、1940年に物理化学の博士号をペンシルベニア大学で取得した。1942年にはケンブリッジ大学で、赤外線を用いて様々な組織や脳腫瘍を特定する研究を行い、生理学の2つ目の博士号を取った。

1952年全米科学アカデミーに選ばれ、1968年にはスウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員、1981年には王立協会の外国人会員になった。

第二次世界大戦中には、チャンスはマサチューセッツ工科大学の放射研究所でレーダーの開発を行った。

ペンシルベニア大学医学部のエルドリッジ・R・ジョンソン・生化学生物物理学名誉教授。また、物理化学及び放射線物理学の名誉教授も務めた。同校医学部には彼の名を冠したステラー・チャンス研究棟(Stellar-Chance Laboratories)がある。

また、ヨット(セーリング)競技の選手としても知られ、1952年ヘルシンキオリンピックでは、セーリング競技の5.5m級でエドガー・ホワイトサマー・ホワイトとともに金メダルを獲得した。

2010年11月16日に亡くなった[1]。97歳没。

名誉学位[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Weber, Bruce (2010年11月28日). “Britton Chance, Olympian and Biophysics Researcher, Dies at 97”. The New York Times. オリジナル2010年11月30日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5udny0RCG 2010年11月30日閲覧。 

外部リンク[編集]