ブシラミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブシラミン
Bucillamine.png
IUPAC命名法による物質名
2-[(2-methyl-2-sulfanylpropanoyl)amino]-3-sulfanylpropanoic acid
臨床データ
AHFS/Drugs.com International Drug Names
法的規制
  • 劇薬、処方せん医薬品
投与方法 経口
薬物動態的データ
半減期 1.03 hr
排泄 尿中排泄
識別
CAS番号 65002-17-7
ATCコード M01CC02
PubChem CID 656604
ChemSpider 570965 チェック
UNII R80LRA5WTF チェック
KEGG D01809 チェック
ChEMBL CHEMBL80830 チェック
化学的データ
化学式 C7H13NO3S2 
分子量 223.31302 g/mol

ブシラミン(Bucillamine)は、関節リウマチ治療薬のひとつ。 チオプロニン(tiopronin)からの誘導体。日本で開発され、日本と韓国でしか用いられていない。しかし、日本発のメソトレキセートとの比較・併用の研究結果[1]などによりエビデンスに基づきAランクの薬剤と認められている。[2]日本での商品名は「リマチル」(参天製薬)が代表的。

化学構造[編集]

ブシラミンはシステインの誘導体でもある。同様に関節リウマチ治療薬でありSH製剤であるD-ペニシラミンとの違いはSH基の数である。(D-ペニシラミンはひとつ。ブシラミンは2つ)

適応症[編集]

  • 関節リウマチ

副作用[編集]

蛋白尿皮疹黄色爪症候群、味覚障害、間質性肺炎骨髄障害など。

  • 蛋白尿は薬剤性膜性腎症によるものもある。蛋白尿はブシラミン服用者では、常に留意すべきであり、受診のたびに検尿を行なうことがすすめられる。[3]

脚注[編集]

  1. ^ Ichikawa Y etal., Mod Rheumatol 15: 323-328, 2005.
  2. ^ 三森経世: 関節リウマチの診療マニュアル(改訂版), 2004, 84-98.
  3. ^ 伊藤 聡, 日内会誌 100: 2937, 2011.