黄色爪症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄色爪症候群(おうしょくそうしょうこうぐん、Yellow nail syndrome)とは、成長遅延を伴う黄色爪、胸水浮腫を3徴候とする疾患である。リンパ系の異常が原因と考えられている。原因不明のこともあるが、腫瘍随伴症候群膠原病、薬剤誘発性のものなどもみられる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]