フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ(Francesco di Giorgio Martini, 1439年9月23日 - 1501年11月29日)は、イタリア初期ルネサンス彫刻家画家建築家・建築理論家・軍事技術者。特に理論家として大きな影響力を持ち、また、記録は残っていないが多くの作品が彼の手によるものとされる。

生涯[編集]

家禽商人の子としてシエナに生まれ、彫刻家および画家として修行した。1477年頃にウルビーノに移り、軍事技術者としてフェデリコ・ダ・モンテフェルトロに仕え、1482年には『市民建築および軍事建築に関する理論書(Trattato di Architettura civile e militare)』を著している。この理論書は写本として流布したが、レオナルド・ダ・ヴィンチに大きな影響を与えたと考えられている。軍事技術者として、また構造設計者として評判が高く、ミラノに滞在した際には、その知識を得るためにレオナルドが彼を訪ねたことが知られている。 建築家としては、ウルビーノのパラッツォ・ドゥカーレの建設に携わったとされるが、どの部分を彼が設計したかについては議論がある。その他、コルトーナのサンタ・マリア・デル・カルチナーイオ教会堂が彼の手によるが、これ以外の建築家としての経歴は、今日では不確かなものになっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ピーター・マレー著 桐敷真次郎訳『図説世界建築史 ルネサンス建築』(本の友社)
  • ニコラス・ペヴスナー他著 鈴木博之監訳『世界建築辞典』(鹿島出版会)