フランキー・ジェナロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランキー・ジェナロ
基本情報
本名 Frankie Genaro
通称 Frank "Frankie" Genaro
階級 フライ級
身長 155cm
リーチ 160cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1901年8月26日
出身地 ニューヨーク
死没日 1966年12月27日(満65歳没)
死没地 ニューヨーク州スタテンアイランド
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 131
勝ち 94
KO勝ち 18
敗け 26
引き分け 8
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1920 アントワープ フライ級

フランキー・ジェナロFrank "Frankie" Genaro1901年8月26日 - 1966年12月27日)は、アメリカ合衆国の男性プロボクサーアントワープオリンピックボクシングフライ級金メダリスト。元NBAIBU認定世界フライ級王者。生涯で130戦以上をこなした。

アマチュア戦歴[編集]

ジェナロは、1920年のアントワープオリンピックのボクシングフライ級にアメリカ代表として出場し、金メダルを獲得した。

結果[編集]

プロ戦歴[編集]

  • ジェナロはプロに転向すると、その年のうちにCharlie Phil RosenbergやPancho Villaらに勝って世界ランク入りした。1923年にはVillaや後のバンタム級王者Bud Taylorらを倒して、アメリカのフライ級王者になった。
  • 1925年フィデル・ラバルバに敗れてアメリカ王座を失い、Newsboy Brownの挑戦権を逃した。1928年にはアルバート・ベレンジャーを破り、NBA世界フライ級王者となった。最初の防衛戦でエミール・プラドネルに敗れ王座陥落、1か月後の再戦で雪辱を果たしNBA王座を奪回した。その後、アーニー・ジャービス、Yvon Trevidic、アルバート・ベレンジャーらを相手に世界戦を重ね、欧州の国際ボクシング連合(IBU)からも世界王者と認定された。1930年12月26日にはニューヨーク州体育協会認定の世界王者Midget Wolgastと統一戦を行い、引き分けた。ジェナロはその後もVictor Ferrand、Jackie Harmon、Valentin Angelmannらを破って防衛し続けた。1931年ビクトル・ヤング・ペレスに敗れて王座を失った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アルバート・ベレンジャー
NBA世界フライ級王者

1928年2月6日 - 1929年3月2日

次王者
エミール・プラドネル
前王者
エミール・プラドネル
NBA世界フライ級王者

1929年4月18日 - 1931年10月27日

次王者
ビクトル・ヤング・ペレス