フラバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラバー
Flubber
監督 レス・メイフィールド
脚本 ジョン・ヒューズ
ビル・ウォルシュ
原作 サミュエル・W・テイラー
製作 ジョン・ヒューズ
リカルド・メストレス
製作総指揮 デイヴィッド・ニックセイ
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ディーン・カンディ
編集 ハーヴェイ・ローゼンストック
マイケル・A・スティーヴンソン
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年11月26日
日本の旗 1998年3月7日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $177,977,226[1]
テンプレートを表示

フラバー』(原題: Flubber)は、1997年アメリカ合衆国の映画作品。1961年のアメリカ映画『うっかり博士の大発明 フラバァ』のリメイク版。製作・配給はウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でクロージング上映された。

ストーリー[編集]

フィリップ教授は天才科学者。しかし、彼は研究に没頭すると、周りが見えなくなってしまう困った癖を持っていた。そのため、なんと彼は自分の結婚式を二度もスッポかしてしまっていた。彼の婚約者であり、勤めている大学の学長でもあるサラは、次の結婚式こそ最後のチャンスだと宣告する。だが、その三度目の結婚式当日に、フィリップ教授は長年研究していた究極のエネルギー体「フラバー」を発明する。歓喜するフィリップだったが、肝心の結婚式をまたもスッポかしてしまう。これにサラは激怒し、彼との関係をもう終わりにすると言いだしてしまう。しかし、いくら彼との関係をもう終わりにすると言いだしても、ウィルソン・クロフトに「関係を断ち切る気か」と止められ、「関係は関係でしかないから今の現状を受け入れるべきだ」という答えしか得られなかった。ちょうどその頃、大学は資金面の問題から閉鎖の危機を迎えていた。フィリップはフラバーを使って大学の危機を救おうと考えるが、街の有力者であるホーニッカー一家も彼の技術を狙っていたのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フィリップ・ブレイナード教授 ロビン・ウィリアムズ 山寺宏一
サラ・ジェーン・レイノルズ学長 マーシャ・ゲイ・ハーデン 戸田恵子
ウィーボの声 ジョディ・ベンソン 小原乃梨子
ウィルソン・クロフト クリストファー・マクドナルド 辻親八
チェスター・ホーニッカー レイモンド・J・バリー 羽佐間道夫[脚注 1]
ベネット・ホーニッカー ウィル・ウィトン 真殿光昭
スミス クランシー・ブラウン 屋良有作
ウェッソン テッド・レヴィン 郷里大輔
シルヴィア レスリー・ステファンソン 土井美加
マーサ・ジョージ エディ・マックラーグ
デイル スコット・マイケル・キャンベル
驚く少年 ベンジャミン・ブロック
少年の父親 マルコム・ブラウンソン
ウィーベットの声 ジュリー・モリソン
フラバーの声 スコット・マーティン・ガーシン

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 羽佐間はオリジナル版のうっかり博士の大発明 フラバァでは主役を演じている。

参考文献[編集]

  1. ^ Flubber”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]