フォートオールバニの戦い (1709年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォートオールバニの戦い
アン女王戦争
Voyageur canoe.jpg
ハドソン湾会社カヌー
1709年6月26日(推定)
場所 オンタリオ州フォートオールバニ
北緯52度15分04秒 西経81度30分04秒 / 北緯52.25111度 西経81.50111度 / 52.25111; -81.50111座標: 北緯52度15分04秒 西経81度30分04秒 / 北緯52.25111度 西経81.50111度 / 52.25111; -81.50111
結果 ハドソン湾会社の勝利
衝突した勢力
フランス王国の旗フランス王国 ハドソン湾会社
指揮官
ニコラ・ダイユブー・ド・マンテ ジョン・フラーティン
戦力
民兵70、先住民兵30 不明
被害者数
18人戦死 2人戦死
フォートオールバニの位置
フォートオールバニ
オンタリオ州

フォートオールバニの戦い(Battle of Fort Albany)は、1709年6月下旬(26日ごろ)に、ハドソン湾会社交易所で、ハドソン湾南岸にあるフォートオールバニに、ヌーベルフランス民兵先住民兵がしかけた攻撃である。

概要[編集]

ハドソン湾会社設立から戦闘に至るまで[編集]

1670年の、イギリス(当時はイングランド王国)の投資家によるハドソン湾会社の設立で、ハドソン湾沿岸の毛皮交易はかなりの利益をあげていた。1680年代の始めまでには、ハドソン湾に流れ込む川の河口に交易所がいくつも建てられ、川の流域に住む先住民は、交易所に毛皮を持っていき、その見返りとして、食料ヨーロッパからもたさられた品々を受け取った。その中には、武器弾薬、その他様々なものがあった。[1][2]

ハドソン湾会社の繁栄に、ヌーベルフランス当局は警戒を強めた。自分たちが獲得した領地に、イギリスが侵略して来たおかげで、自分たちの毛皮交易とそれによる利益が痛手を受けていたからだ。元々、ハドソン湾近辺での毛皮に関しては、イギリスに寝返ったフランス人が情報をもたらしたせいで、イギリス有利にことが運んでいた[3]。ハドソン湾会社は、1686年ハドソン湾遠征en:Hudson Bay expedition (1686))の開始から、9年戦争北アメリカではウィリアム王戦争)の間、ヌーベルフランスからの侵入者から絶えず交易所を攻撃され、設備を略奪されたり、占領されたり、また、ヨーロッパへ出荷されるはずの毛皮を奪われたりした。9年戦争の末期には、フォートオールバニ(オールバニ川の河口に作られたためこの名がある、現在のオンタリオ州北部)が、唯一の交易所となっていた。[4]

スペイン継承戦争(北アメリカではアン女王戦争)が1702年に勃発し、イギリスの交易所であるフォートオールバニの侵略計画が持ち上がった。1709年、フランス人入植者の一団が、陸路でフォートオールバニを攻撃することに決めた。ヌーベルフランス総督である、フィリップ・ド・リゴー・ヴォードルイユもこれに同意し、身銭を切って、彼らのための資金を提供した。資金提供者たちは、奇襲隊が持ち帰るであろう毛皮で、出資分の埋め合わせができると考えていた。[5]この軍の指揮はニコラ・ダイユブー・ド・マンテに任された。この人物は、辺境での奇襲を何度も経験した強者で、修羅場を潜り抜けた前歴もあるといわれていたが、ハドソン湾近辺には足を踏み入れたことがなかった。[6] マンテは、60人から70人のフランス人と30人のカウグナガワ・モホークを招集して出発し、1709年の6月下旬にフォートオールバニの近くに到着した[7]

ハドソン湾会社交易所の看板

戦闘[編集]

フォートオールバニには、ハドソン湾会社で、ジョン・フラーティンの下で働く雇い人たちが住んでいた。この雇い人たちは、かつてのヌーベルフランスの襲撃で捕虜となった経験があった。[8]フラーティンは、クリー族の交易者から、ヌーベルフランス軍の襲撃に気をつけるように言われており[9]、そのため、急襲への準備は怠りなかった。ただし、襲撃が断片的に行われていたため、いつ、何人で襲ってくるかはまでははっきりしなかった。[8] この戦いでわかっているのは、ヌーベルフランス側が完敗したこと、そしてマンテも、部下の副司令官も戦死したことである。フランスの戦死者は、この2人の指揮官も含めて18人だったが、一方ハドソン湾会社側は2人だった。この2人はフォートオールバニの中ではなく、そこに向かおうとしていて待ち伏せされたものだった。[8]

その後のハドソン湾会社と英仏競合[編集]

フランシス・ニコルソン総督

この年、ハドソン湾会社はフォートオールバニに船を寄越しておらず、ロンドンにいる会社の役員たちは、意外な方法でこの戦いのことを知った[8]。同じ1709年に、ヌーベルフランスへ探検隊を率いたものの、途中で挫折したイギリス領総督フランシス・ニコルソンが、翌年の遠征への支援を得るために、モヒカン族の族長を1人と、カウグナガワ・モホーク族の族長を3人ロンドンに派遣していたが[10] 、彼らは、ニコルソン総督の探検隊が戻る時にモントリオールにいて、この戦いについて知らされ、そのことを本社の役員に報告したのである[8]。フラーティンはこの戦いについて、1711年に、イギリス本国へ戻った時に報告書を整理したが、その書類は紛失してしまったようである[8]

ヴォードルイユ総督は、フォートオールバニへの奇襲隊に資金を提供したことで、フランス本国の政府から総督としての責任を問われた[11] 。ハドソン湾会社は、1713年ユトレヒト条約により、すべての交易所を復活させ、イギリスのハドソン湾領有をフランスに認めさせたが、フランスとイギリスは、その後も交易をめぐって競り合うことになる[3]

脚注[編集]

  1. ^ Statutes, Documents and Papers, p. 40
  2. ^ Krech, p. 39
  3. ^ a b 木村和男著 『毛皮交易が創る世界 ハドソン湾からユーラシアへ』 岩波書店、2004年、25-27頁。
  4. ^ Statutes, Documents and Papers, pp. 40–44
  5. ^ Lanctot, p. 159
  6. ^ Blain, Jean. “Biography of Nicolas d'Ailleboust de Manthet”. Dictionary of Canadian Biography Online. 2010年9月21日閲覧。
  7. ^ Lanctot, p. 159, claims the party was 90; Johnson claims the party was "about 100" with 30 Indians
  8. ^ a b c d e f Johnson, Alice. “Biography of John Fullartine”. Dictionary of Canadian Biography Online. 2010年9月20日閲覧。
  9. ^ Krech, p. 38
  10. ^ Drake, pp. 254–256
  11. ^ Charlevoix et al, p. 224

参考文献[編集]

関連項目[編集]