フェリシアン・ダヴィッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリシアン・ダヴィッド
Félicien David
ヴァンサン・ヴィダル画、1858年
ヴァンサン・ヴィダル画、1858年
基本情報
出生 1810年4月13日
フランスの旗 フランスカドネ
死没 1876年8月29日(満66歳没)
フランスの旗 フランスサン=ジェルマン=アン=レー
職業 作曲家

フェリシアン(=セザール)・ダヴィッドFélicien[-César] David, 1810年4月13日 - 1876年8月29日)は19世紀フランスの作曲家。

ヴォクリューズ県カドネの出身。エクスに出てイエズス会神学校に学ぶ。卒業後に音楽家として活動を始めるが、二十歳のころにパリ音楽院に入学。やがてサン=シモン主義に傾倒して音楽院を離れ、サン=シモンの会派のために中近東を広く旅行する。このときに異国のさまざまな民族音楽民謡に接し、そのときの印象をもとに、帰国後に中東風の楽想を多用した交響的オード《砂漠》を作曲、成功を収める。この作品は19世紀フランス音楽における異国趣味の走りとなった。その後のピアノ曲やオペラにも、異国趣味を扱ったものが多い。

外部リンク[編集]