ファーディナンド・ド・ロスチャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ファーディナンド・ド・ロスチャイルド
Ferdinand de Rothschild
Baron Ferdinand de Rothschild.png
1889年6月15日の『バニティ・フェア』誌に描かれた似顔絵
生年月日 1839年12月17日
出生地 フランスの旗 フランス パリ
没年月日 1898年12月17日
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランドバッキンガムシャーワデスドン英語版
所属政党 自由党
称号 男爵オーストリア
親族 アンゼルム(父)
ライオネル義父叔父
メイヤー・アムシェル(叔父)
初代ロスチャイルド男爵義兄従弟
配偶者 イヴェリナ英語版

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 アリスバーリー選挙区英語版[1]
任期 1885年7月18日 - 1898年12月17日[1]
テンプレートを表示

ファーディナンド・ジェームズ・ド・ロスチャイルド男爵[注釈 1]英語: Baron Ferdinand James de Rothschild1839年12月17日 - 1898年12月17日)は、オーストリア出身のイギリスの政治家、地主。

ウィーン・ロートシルト家(英語読みでロスチャイルド家)に生まれたが、イギリスに移住・帰化し、同国で庶民院議員を務めた。愛称はファーディ[2]

経歴[編集]

1839年12月17日ウィーン・ロートシルト家第2代当主アンゼルム・フォン・ロートシルト男爵とその夫人シャルロッテ(ロンドン家の祖ネイサン・メイアー・ロスチャイルドの長女)の間の三男としてフランスパリに生まれる[3]

ウィーンで教育を受けたが、1860年イギリスに移住し、イギリス臣民となる[3]

1865年にロンドン・ロスチャイルド家第2代当主ライオネル・ド・ロスチャイルド男爵の娘であるイヴェリナ英語版(ファーディナンドの従姉にあたる)と結婚したが、彼女はその翌年に死去してしまった。ファーディナンドは亡き妻を記念してロンドンのサウスワーク・ブリッジ・ロード英語版イヴェリナ・ロンドン小児科病院英語版を建設して寄付した[3]

ファーディが建てた豪邸ワデスドン・マナー英語版

バッキンガムシャーのロッジヒル(Lodge Hill)とその周辺の景色を気にいったファーディは、このあたり一帯の1080ヘクタールの土地を第7代マールバラ公爵ジョン・スペンサー=チャーチルから買い取り、金に糸目を付けず、ここを更なる眺望絶佳の土地にするための大改築作業を行った。鉄道を敷設して様々な資材を運べるようにしたのを手始めに、排水や灌漑の整備、植樹、彫刻の設置、邪魔になる丘の削り取り、荒地の公園化などを行っていき、イングランド最大の絶景を人工的に創造した。最後にワデスドン英語版ルネッサンス様式の華麗な豪邸を建設して一連の事業を完成させた。この邸宅はワデスドン・マナー英語版と名付けられた[4]

1883年にはバッキンガムシャー州長官英語版に就任[5]

1885年に庶民院議員サー・ナサニエル・ロスチャイルド准男爵(ライオネルの長男)の叙爵(貴族院入り)に伴うアリスバーリー選挙区英語版補欠選挙英語版にロスチャイルド家の地盤を引き継ぐ形で、自由党候補として出馬し、当選を果たした[5][6]。死去するまで庶民院議員を務める[1]

1896年2月には大英博物館の管理人に選ばれ、死去まで務めた[3]

1898年12月17日、59歳の誕生日にワデスドンで死去した[3]生没同日であった。


人物[編集]

せっかちな性格だったといい、思い立つと慌ただしい日程でも強引にパーティーを開催した。そのため招待された婦人客たちの中にはパーティーのために新調するドレスが間に合わない者が多かった。ファーディはそのたびにお詫びとして彼女らに次のパーティーのための新調ドレス費をおごってあげるのだった[6]

慈善事業も惜しみなく行った。毎年クリスマスにはロンドン中の乗合馬車従業員にキジを一対送っていた。馬車の御者たちはこれに感謝し、ロスチャイルド家の競馬の色である青と黄色のリボンを鞭につけたという[6]

ロスチャイルド家の中でも屈指のコレクターであり、ルネッサンス様式の様々な芸術品やフランス語の書籍などを集めた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オーストリア時代のドイツ語名はフェルディナント・イェームス・フォン・ロートシルト男爵(ドイツ語: Ferdinand James Freiherr von Rothschild)。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
サー・ナサニエル・ロスチャイルド准男爵
ジョージ・W・E・ラッセル英語版
アリスバーリー選挙区英語版選出庶民院議員
1885年英語版 - 1898年
(1885年小選挙区となる)
次代:
ウォルター・ロスチャイルド
名誉職
先代:
ジョン・エドワード・バートレット
Flag of Buckinghamshire.svg バッキンガムシャー州長官英語版
1883年
次代:
サミュエル・リチャード・ブレウィス