メイヤー・アムシェル・ド・ロスチャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
メイヤー・アムシェル・ド・ロスチャイルド
Mayer Amschel de Rothschild
MdeR.gif
生年月日 1818年6月29日
出生地 イギリスの旗 イギリスイングランドロンドン
没年月日 1874年2月6日(満55歳没)
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 自由党
称号 男爵オーストリア
親族 ライオネル(兄)
初代ロスチャイルド男爵(甥)
ファーディナンド(甥)

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ハイス選挙区英語版[1]
任期 1859年2月15日 - 1874年1月31日[1]
テンプレートを表示

メイヤー・アムシェル・ド・ロスチャイルド男爵(英語: Baron Mayer Amschel de Rothschild1818年6月29日 - 1874年2月6日)は、イギリス政治家馬主。英国ロスチャイルド家庶流の一人。

経歴[編集]

1818年6月29日に英国ロスチャイルド家の祖ネイサン・メイヤー・ロスチャイルドの四男としてロンドンに生まれる。母はハンナ・コーエン[2]ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業[2]

1859年から1874年までハイス選挙区英語版選出の庶民院議員を務める[2]バッキンガムシャー州長官英語版バッキンガムシャー治安判事副総督英語版も務める[2]

競走馬の飼育に熱心であり、1871年には5つのクラシックのうち4つ(ダービーセントレジャーオークス1000ギニー)までを「ハンナ英語版」と「ファヴォニウス英語版」で制している[3]。特にダービーにおいて優勝を手にしたのはこの時が初めてだった。メイヤーの種馬飼育場は彼の死後、甥のレオポルドに相続されており、レオポルドも二度ダービーで優勝を手にすることになる[4]

1874年に死去。55歳だった[5]

家族[編集]

1850年に従兄妹にあたるジュリアナ・コーエン(Juliana Cohen)と結婚し、彼女との間に一人娘のハンナ英語版1851年-1890年)を儲けた。彼女は1878年第5代ローズベリー伯爵(後の首相)と結婚した[5][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b UK Parliament. “Baron Mayer de Rothschild” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Rothschild, Mayer Amschel”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  3. ^ ロングリグ(1976) p.131
  4. ^ モートン(1975) p.131/161
  5. ^ a b Lundy, Darryl. “Lionel Nathan de Rothschild” (英語). thepeerage.com. 2013年11月30日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
サー・ジョン・ラムスデン准男爵英語版
ハイス選挙区英語版選出庶民院議員
1859年英語版1874年英語版
次代:
サー・エドワード・ウィリアム・ワトキン英語版
名誉職
先代:
サー・ウィリアム・クライトン准男爵英語版
Flag of Buckinghamshire.svg バッキンガムシャー州長官英語版
1847年
次代:
ウィリアム・ロウンデス