ファム・ヴァン・チャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファム・ヴァン・チャ
Phạm Văn Trà
031110-D-9880W-005.jpg
生年月日 1935年8月19日(78歳)
出生地 Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナバクニン省、クエヴォー県、フーラン社
出身校 高級軍事学院
所属政党 ベトナム労働党
ベトナム共産党
称号 Vietnam People's Army General.jpg 大将
人民武装力量英雄

ベトナムの旗 国防大臣
内閣 ファン・ヴァン・カイ内閣
任期 1997年12月 - 2006年6月28日
国家主席 チャン・ドゥック・ルオン

任期 1997年 - 2006年

任期 1995年12月 - 1997年12月
テンプレートを表示

ファム・ヴァン・チャベトナム語: Phạm Văn Trà, 漢字: 范文茶, 1935年8月19日 - )はベトナムの軍人、政治家。国防大臣、ベトナム共産党政治局員、党中央軍事委員会副書記を務めた。最終階級は大将人民武装力量英雄

経歴[編集]

1935年、バクニン省クエヴォー県フーラン社に生まれ。1953年ベトナム人民軍に入隊。

ベトナム戦争末の1973年、第9軍区司令官レ・ドゥック・アイン大佐の下で、第1連隊長に任命。1975年12月から1977年、第9軍区第4師団参謀長、その後第330師団師団長兼参謀長を務めた。

1978年9月、高級軍事学院に入学。1980年8月、第330師団長に復職しカンボジアクメール・ルージュ軍と戦った。1983年3月、979戦線副司令官。

1985年から1988年、第9軍区副司令兼参謀長を務めた。1988年6月、第3軍区副司令に任命。1989年から1993年、第3軍区司令官を務めた。

1991年、ベトナム共産党第7回党大会において中央委員に選出された[1]1993年12月、副総参謀長に任命。1995年12月より国防次官兼ベトナム人民軍総参謀長を務め、中将に昇進した。

1996年、第8回党大会において中央委員および政治局員に選出され、党内序列第11位となる[2]1997年12月、ドアン・クエ大将の退任により、後任の国防大臣に任命された[3]1999年上将に任命。

2001年、第9回党大会において政治局員に再選出[4]2003年大将に昇格。

第9、10、11期国会議員。

2006年6月28日、国会において国防大臣の職を解任された[5]

顕彰[編集]

  • 1976年、「人民武装力量英雄」称号を授与[6]
  • ベトナム国家より一等軍功勲章、二等及び三等戦功勲章を授与
  • 一等イサラ勲章(ラオス人民民主共和国における党・国家の高級勲章、2005年3月2日)
  • ベトナム共産党創立50年記章

処罰[編集]

2001年3月13日から3月24日まで首都ハノイで開催されたベトナム共産党第8期中央委員会第11回総会(第2部)は、軍の紀律に関連し、ファム・ヴァン・チヤ政治局員、国防大臣の管理責任を問い、「譴責」処分を決定した (Trích Nghị quyết Hội nghị TƯ VIII.11.2)[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
ドアン・クエ
ベトナム社会主義共和国
国防大臣
1997年 - 2006年
次代:
フン・クアン・タイン
先代:
ダオ・ディン・ルエン
ベトナム人民軍総参謀長
1995年 - 1997年
次代:
ダオ・トン・リック