ピーテル・ラストマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーテル・ラストマン
『受胎告知』(1618)
エルミタージュ美術館
生誕 1583年
死没 1633年

ピーテル・ラストマン (Pieter Lastman, 1583年 - 1633年)は、オランダ画家レンブラントヤン・リーフェンスの師匠としても知られている。 宗教画歴史画、寓意画を残している。

生涯[編集]

金細工職人の息子として生まれる。ラストマンはヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンクの兄弟であるヘリット・スウェーリンクの元で修業した。19歳の時にイタリアに行き、5年間をそこで過ごし、カラヴァッジョアダム・エルスハイマーの影響を受ける。アムステルダムに戻った後はそれまでと違って、光と影の強いコントラストを用い、ドラマ性を強調するスタイルへと変わっていった。[1]健康上の問題を抱えたために1632年に兄弟の元に身を寄せたが、翌年に亡くなり、アムステルダムの旧教会に埋葬された。

ギャラリー[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]