ピタンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピタンガ
Pitanga1.jpg
ピタンガの果実
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: フトモモ科 Myrtaceae
: エウゲニア属 Eugenia
: ピタンガ E.uniflora
学名
Eugenia uniflora Linnaeus
和名
タチバナアデク、カボチャアデク
英名
Surinam Cherry

ピタンガポルトガル語 : Pitanga 学名:Eugenia uniflora)はフトモモ科の常緑低木。ブラジル先住民族の言葉で赤い実を意味し、別名としてスリナム・チェリー、ブラジリアン・チェリー、カイエン・チェリーなどがある。果物として食用に利用される。南米熱帯地方原産。

同じブラジリアン・チェリーという別名を持つ熱帯果樹にJatobáがあるが、こちらはマメ科なので近縁種でもない。

また、和名の一つであるカボチャアデクとは、果実の形がカボチャに似ることによる。

特徴[編集]

成長は遅く、最大で8mほどの高さになる。葉は光沢のある緑でやや赤みを帯びる。この葉にはピタンギーナという成分が含まれ、キニーネの代用とされる。白色の花は芳香があり、直径2-3cmほどのカボチャのような形状の果実が年に数回つく。果実は成熟していないと松脂のような匂いが強いが、熟して赤くなるにつれ甘さが増す。ビタミンCリンカルシウムを含み、生食の他、ジュースジャムゼリーアイスクリーム果実酒などにも加工される。果皮が薄く保管に向いておらず、日本まで輸送されることはまずない。

繁殖力[編集]

熱帯では庭木や生垣用によく植えられる。実生で容易に増やすことが出来る為、バミューダ諸島では手に負えないほど繁殖し、日本でも沖縄などで着々と増えている。同じフトモモ科には世界の侵略的外来種ワースト100要注意外来生物に指定されているテリハバンジロウ(ストロベリーグアバ)があり、他にもユーカリレンブなどの繁殖が近年目立つようになってきた。ピタンガも熱帯原産とはいえ-3℃までの耐寒性があり、病害虫や乾燥にも強い為、本州でも温暖な地域での普及が予想される。

外部リンク[編集]