レンブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャワフトモモ
Lian wu.JPG
レンブ(ジャワフトモモの果実)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: フトモモ科 Myrtaceae
: フトモモ属 Syzygium
: ジャワフトモモ S. Samarangense
学名
Syzygium Samarangense
和名
ジャワフトモモ(ジャワ蒲桃)、レンブ(蓮霧)
英名
Wax Apple

レンブ(蓮霧)は、フトモモ科ジャワフトモモ(学名:Syzygium Samarangense)の果実。。台湾語では日本語と似ている発音でレンブー「Lián-bū」という。中国語ではリェンウー(注音: ㄌㄧㄢˊ ㄨˋ拼音: Liánwù)という。沖縄ではデンブーという。

植物学上の特徴と分布[編集]

原産地はマレー半島である。台湾をはじめ、インドフィリピンマレーシアなど亜熱帯から熱帯気候で栽培されている。

レンブの木は常緑小高木で4月-5月ごろに白い花が開花する。また、無数の放射状に出る雌しべが特徴的である。レンブの果実は直径約3-7cmで、赤や緑や黒など様々な色がある(特に黒色の物は高級とされていて、食感もよく、糖度も値段も高い)。表面は英名の Wax Apple が現すようにロウ細工のような独特の肌触りで、傷などの衝撃に弱い。中心部分は他部位に比べスカスカしており、またが無いものも多い。

近縁種にはフトモモミズレンブ(S. aqueum)、グルミチャマ(S. dombeyi)などがある。

食用[編集]

味はリンゴを合わせたような味わいで、爽やかな酸味があるが果汁は少ない。調理はせず生食のみで、皮は剥かないでそのまま食べるが、割れ目の部分と頭の部分(ヘタの辺り)は食べ残す場合が多い。また色が濃く、割れ目が食い込む様にすぼめばすぼむ程甘い傾向がある。昆虫の幼虫が内部で繁殖しやすい果物でもある。

レンブの歴史[編集]

17世紀、オランダのアジアでの植民地拡大に伴い栽培地が拡大した。日本では沖縄や一部でハウス栽培などもされている。

外部リンク[編集]