ピエール・サンカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエール・サンカン(Pierre Sancan, 1916年10月24日 - 2008年10月20日)は、フランスピアニスト作曲家指揮者パリ国立音楽院で教鞭をとり、ジャン=フィリップ・コラールなどを指導したことで知られる。

略歴[編集]

フランスのマザメに生まれた。父親の転勤に伴い、モロッコに移住、同地のメクネス音楽学校に通ってピアノを習う[1]。1932年にフランスに戻り、パリ国立音楽院ノエル・ガロンフーガ)やシャルル・ミュンシュ(指揮)、アンリ・ビュッセル(作曲)などに師事[1]1943年には『イカロスの伝説』でローマ大賞を受賞した。

また、1946年パリのコンサートホールであるサル・ガヴォでリサイタルを行ったのを皮切りに、ピアニストとしても名が知られるようになった。1952年にはアメリカでコンサートツアーを敢行している[1] 1956年に、イヴ・ナットの死を受けて、空いたポストに入る形でパリ国立音楽院の教授となった[1]。門下生にはジャン=フィリップ・コラールオリヴィエ・ギャルドンミシェル・ベロフジャック・ルヴィエジャン=マルク・サヴェリJean-Marc Savelli [2] [3] [4]ジャン=フランソワ・アントニオーリ岩崎セツ子などがいる。

在学中から作曲家としても作品を残しているが、まとまった作品集はリリースされていない。2004年には門下生のコラールによって、ピアノ協奏曲が世界初録音され、EMIから発売された。

2008年10月20日パリで死去。

作品[編集]

協奏曲[編集]

  • ピアノ協奏曲(1959年)

室内楽曲[編集]

  • フルートとピアノのためのソナチネ(1946年)
  • ヴィオラソナタ(1961年)
  • チェロソナタ(1961年)

ピアノ曲[編集]

  • トッカータ(1943年)

脚注[編集]

関連項目[編集]