ピエトロ・カストルッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ホガース『激怒する音楽家』(1741) - ピエトロ・カストルッチのカリカチュアといわれている

ピエトロ・カストルッチ(Pietro Castrucci, 1679年 - 1752年3月7日)は、イタリア作曲家ヴァイオリニスト

生涯[編集]

ローマ出身。アルカンジェロ・コレッリに師事し、ピエトロ・オットボーニ枢機卿に仕えた。1715年よりロンドンに定住し、バーリントン伯の庇護を受けた。ヴァイオリンの名手として1720年から1742年までゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオーケストラのコンサートマスターを務めた。ダブリンで死去。

ヴィオラ・ダモーレの一種である「ヴィオレッタ・マリーナ」という楽器の発明者とされ、この楽器はヘンデルの楽曲でも使用されている。

作品[編集]

  • ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ Op.1
  • ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ Op.2
  • 合奏協奏曲 Op.3

参考文献[編集]

  • Highfill, Philip H.; Burnim, Kalman A.; Langhans, Edward A. (1975), A Biographical Dictionary of Actors 1660-1800, Volume 3, Cabanel to Cory, pp. 104–105, 318, ISBN 0809306921 
  • Pietro Castrucci, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004.