ヴィオラ・ダモーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィオラ・ダモーレviola d'amore)は、バロック時代、特に17世紀の終わりに用いられた、6ないし7弦の演奏弦と同数の共鳴弦を持つ擦弦楽器である。

構造と音[編集]

ヴィオラ・ダモーレ(1770年

ヴィオラ・ダ・ガンバの類縁の楽器とされるが[1]ヴィオラ・ダ・ブラッチョヴァイオリンと同じように肩の上に乗せて演奏する。ヴィオラ・ダモーレはヴァイオリンより演奏弦が多く、裏板は平面であり指板フレットが存在しない。また、ヴァイオリンでいうf字孔の部分の形状が異なっている。

イタリア語で「愛のヴィオラ」を意味する名前のように甘美で温かい音色が生じるのは、演奏弦の下に金属製の共鳴弦があるためである。レオポルト・モーツァルトは、自著『Versuch einer gründlichen Violinschule』に「夜の静けさには、特に魅力的な音だ」と記している。

ヴィオラ奏者が演奏することが多い。

調弦は、低いほうから A - d - a - d' - f#' - a' - d''

ヴィオラ・ダ・ガンバと同様に共鳴弦を持った楽器に、バリトン(baryton)がある。ノルウェーの民族楽器ハーディングフェーレ(ハルダンゲルヴァイオリン)は、ヴィオラ・ダモーレから派生したものだといわれている。

関連する作曲家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社『音楽中辞典』(旧版)では「ヴィオル属の一種」としている。

外部リンク[編集]