ピアノソナタ第3番 (プロコフィエフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノソナタ第3番イ短調作品28は、セルゲイ・プロコフィエフが作曲したピアノソナタ第1番第4番とともにペテルブルク音楽院時代の習作を改作した作品である。この3曲のうち第3番と第4番は『古いノートから』(Из старых тетрадей)の副題を持つが、これら2曲の場合は作曲家としてすでに認められた時期に10年前の草稿を改作して発表したため、特に断わっておく必要があったのだろうと考えられている。

第3番は1907年に作曲されたイ短調のソナタを1917年に改作したものである。プロコフィエフはこの改作について、展開部と再現部をいくらか変更したが構想は大体そのままで、技法的に洗練させた、という主旨のことを述べている。主題は旧作そのままであるが、全体に対位法的・多調的処理がなされており、新しい作品に仕上がっている。

初演は1918年、ペトログラード(現サンクトペテルブルク)でプロコフィエフ自身のピアノによって行われた。

演奏時間は約7分。アレグロ・テンペストーソ、イ短調、4分の4拍子 - 8分の12拍子の単一楽章からなる。再現部で第1主題も第2主題も現れず、それぞれの推移部のみが再現するという、変則的なソナタ形式をとっている。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー プロコフィエフ(音楽之友社