ピアノソナタ第9番 (プロコフィエフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノソナタ第9番ハ長調作品103は、セルゲイ・プロコフィエフが最後に作曲に着手し、完成に至ったピアノソナタ1947年に書かれた。プロコフィエフはその後、第5番の改訂を行い、第10番ホ短調作品137の作曲に着手したが、後者は未完に終わった。

作品はスヴャトスラフ・リヒテルに献呈され、1951年4月23日にモスクワでリヒテルによって初演された。

プロコフィエフは晩年に音の簡素化に着実に向かっていくが、この曲も非常に装飾の少ない簡素な曲になっており、「戦争ソナタ」などに見られたような複雑な対位法や技巧的なパッセージはほとんど見られない。

楽曲構成[編集]

4楽章からなり、演奏時間は約22分である。

  • 第1楽章 アレグレット ハ長調 2分の3拍子 ソナタ形式
  • 第2楽章 アレグロ・ストレピトーソ ト長調 8分の12拍子 ソナタ形式
  • 第3楽章 アンダンテ・トランクイロ 変イ長調 4分の4拍子
  • 第4楽章 アレグロ・コン・ブリオ・マ・ノン・トロッポ ハ長調 4分の4拍子

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー プロコフィエフ(音楽之友社