ピアサポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアサポート英語: peer support)とは、一般に、「同じような立場の人によるサポート」といった意味で用いられる言葉である。 なお、相談に力点を置いた「ピアカウンセリング」、傾聴に力点を置いた「ピアリスニング」なども類似の概念である。

セルフヘルプ活動としてのピアサポート[編集]

いわゆるセルフヘルプ活動の文脈でこの語が使われる場合は、「同じような課題に直面する人同士がたがいに支えあう」といった含意が基本となる。

ミーティング[編集]

参加者相互によるピアサポートを目的として、同じ個人的課題を抱える人同士が集まるミーティング形式の活動が広く行われている。 ミーティングの典型的なスタイルは以下のようなものである。

  • 参加者全員で車座になる。
  • ひとりずつ順番に話し役になり、自分の経験や現在の状況、思いなどを語る。他の者は話に傾聴する。
  • 「言いっぱなし」「聴きっぱなし」が原則であり、感想を述べたり助言をすることは行わない。

「普段口にできないようなことでもここでなら話して聴いてもらうことができる」というのが大きな特長であり、また、人の話を聴くことによって自分の気づきも促され、各自の成長・回復へとつながっていく。

メンバーシップは限定(クローズド)の場合もあれば「誰でもOK」というものもある。 基本的に、その時その時、まさに課題を抱えている最中の人が集まるものであり、メンバーの固定を想定したものではない。 多くの場合、各参加者の名前は伏せたままにされる。

指導者的な役割は存在しないが、ファシリテーター役を置くことは多い。そうした役はその場にいる当事者の中から意のある人が買って出たり、ランダムに選ばれたりする。

米国に源流をもつ AAアルコホーリクス・アノニマス; アルコール依存症を抱える人たちの集い)、NA(Narcotics Anonymous; 薬物依存症の集い)、GAギャンブラーズ・アノニマス; ギャンブル依存症の集い)などが有名であるが、このほかにもさまざまな各種の課題ごとに、各地でグループが結成され、定期的・準定期的なミーティングを行っている[1]。 一般に、抱える問題のマイノリティ性が高いほど、当事者は「普段はなかなか口にできない」悩みに苦しんでいるわけであり、その点においてピアサポートは課題解決の大きな力となり得ると考えられている[要出典]

障害者福祉におけるピアサポート[編集]

その他のピアサポート[編集]

  • 学生/生徒をサポートする目的で大学や高校に「ピアサポート制度」などを置くことも行われている。相談の聞き役や助言者を学生/生徒が務めることからの命名である。
  • 特別な教育的ニーズ(SEN)をもっていた経験者が、類似の経験のある生徒に対して「心の教室相談員の後、定時制高校で教育相談を通して5年間ピア・サポート実践をしている」報告がある。現在、この実践は学校教育修了後のSENをもっていた生徒らの支援策としてピア・サポートセンターで実践・研究が継続されている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 一例を挙げれば、各種疾病をかかえる人の集い、わが子に暴力をふるってしまう人の集い、家族を失った人の集い、「 - の家族をもつ人たちの集い」など。ほか、外部リンク先のリンク集などを参照。
  2. ^ 例えば、森定薫『特別な教育的ニーズをもつ当事者によるピア・サポートの実践』「テキスト特別ニーズ教育」ミネルヴァ書房、2007年5月20日発行(135-140ページ)。ピア・サポートセンターは、学校教育で実践した森定薫、木口雅文らを中心として2008年設立された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]